活肌アミノ酸、美肌の連鎖を作り出す対策ページへ

HOME > 活肌アミノ酸の解説

天然保湿因子に近い『活肌アミノ酸』で美活の連鎖

繭と絹糸・ヨーグルト液

シルク+乳清

シルクの18種のアミノ酸に、乳清のビタミン・ミネラルを加えて、代謝保湿成分にしたのが『活肌アミノ酸』です。

活肌アミノ酸が
肌活から保湿を作る

天然保湿因子に近い『活肌アミノ酸』は、ターンオーバーや保湿成分の生成という肌本来の代謝を助けます。

角質層に存在する天然保湿因子やセラミドは、ターンオーバーによって生成されます。

ターンオーバーを整え保湿成分を作るには、天然保湿因子に近い複合アミノ酸とビタミン・ミネラルの補給が必要不可欠です。

アミノ酸は、細胞の原料、水分をキャッチする保湿成分、そして代謝を促進させる機能があります。

ビタミン、特にビタミンB群はエネルギー燃焼に欠かせないビタミンで、細胞の生成や分解、代謝を促進させます。

ミネラル、特に亜鉛やマグネシウムは肌の新陳代謝やセラミドの合成に欠かせません。

シルクに含まれるアミノ酸だけでも代謝効果はありますが、乳清のビタミン、ミネラルを加えることで、代謝機能がさらにアップ、美活をどんどん仕掛けていきます。

活肌アミノ酸による美活進行

Step1【潤す】
天然保湿因子に近い保湿成分だから優しくてなじみやすい。

Step2【保湿】
角質層内の潤いバランスを整える。

Step3【活力】
皮膚細胞に活力を与え、ターンオーバーを正常化させる。

Step4 【守る】【保湿力】
皮脂膜と融合し、皮脂の酸化を抑えて活かし続ける。

Step5【守る】
抗酸化や静菌作用で、肌のバリア機能が高まる。

Step6【活力】
アミノ酸・ビタミン・ミネラル補給で保湿成分の合成力をつける。

Step7【守る】
シミ・くすみの原因、チロシナーゼや活性酸素の働きを抑制する。

Step8【守る】 【保湿力】【活力】
角質層が正常になり、透明感のあるキメ肌へと進行する。

以上、Step1~8の美肌の連鎖によって肌の調子を整えていきます。

活肌アミノ酸は、
SILK基礎化粧品シリーズ全てに配合してます。

特に素肌ローションは、活肌アミノ酸の機能性を発揮させる化粧水です。

シルクの美肌効果

シルクと言えば着物

紫式部は皮膚病に悩まなかった!

平安時代より、「肌に良い!健康に良い繊維」という生活の知恵が生かされている。

“生活の知恵”から平安時代には、シルクが肌にやさしいということが知られていました。

日本伝統文化といえば着物、その繊維として利用されているのが 『シルク』、日本の風土に適し、そして日本人の肌に適したからこそ今まで継承されているのです。

シルクの美容効果は、度々テレビでも紹介されています。 

その美肌効果は、

肌のキメを整える保湿成分

・ 美白成分

・ 肌の新陳代謝を高めるエイジング成分

ほか様々。

シルクの特長

シルク

1.親和性が高く肌に優しい

シルクのタンパク質は、人の肌をつくる成分とほとんど同じで親和性が高く安全性の高い保湿成分で敏感肌の方にお奨めです。

シルクには、皮膚に必要な18種類のアミノ酸を含んでいます。

肌と同じ弱酸性(約pH5~6)で、肌に限りなく近いうるおい成分で肌のキメを整えます。

2.細胞に活力!ターンオーバーを促進

シルクには、18種類のアミノ酸を含んでおり、これらは人間の皮膚には必要な成分であり、補うことによって皮膚細胞の活力を増進させ、肌の老化予防やターンオーバーを促進させバリア機能を高めます。肌のキメ・アンチエイジング機能性成分!

3.美白・抗酸化作用・紫外線カット

シミ・くすみの原因である活性酸素の働きを抑える働きがあります。

活性酸素は細胞を酸化させたり傷つけたりして老化を早めシミ・シワをつくると言われています。

メラニン色素の生合成に関する「チロシナーゼ」を抑制する働きもあり、 美白効果の期待もある優れた天然繊維エキスです。

また、日光に当たっても光を散乱させたり、紫外線を吸収する(紫外線カット)働きがあります。

光老化を予防しアンチエイジング対策に期待!

4.静菌作用でバリア機能を高める

シルクには、肌に負担をかけることなく細菌の繁殖を抑える働きがあり肌のバリア機能を助け敏感肌でお悩みの方には最適です。

雑菌の繁殖などによってトラブルの悪化を防いだり、 絹の放湿性で保湿維持と毒素の排泄作用によって、シルクを常に肌に付けておくと、さらにバリア機能が高まり敏感肌を改善させます。

乳清(ホエイ)の美肌効果

ヨーグルトの上澄み液

古代ギリシャ時代には利用されていた!

乳清の利用は、古代ギリシャの時代までさかのぼり、自然療法・自然美容として多いに利用されていた資料があるそうです。

そして、自然美容や乳清風呂として今の時代にも伝えられているんです!最近は、この特長を生かした化粧品も増えてきました。

乳清の特長

1.天然保湿因子がバランス良く含まれている

乳清は、乳酸菌発酵エキスの一種で身近なところで言えば、ヨーグルトの上澄み液のことです。

母乳に近い成分で、アミノ酸、ビタミン、ミネラル、多糖類他をバランスよく含み「完全栄養素食品」とも言われています。

角質層に存在する天然保湿因子(アミノ酸、ビタミン、ミネラルなど)がバランス良く配合されていて、シルクと乳清が一緒になることで活肌アミノ酸をつくりだし、肌のキメを整えてくれます。

2.美白・抗酸化作用、ターンオーバーを促進

乳清の成分の中に乳酸やラクトフェリン等が含まれており、活性酸素の働きを抑え老化の予防にそしてメラニン色素の生合成に関する「チロシナーゼ」を阻害する働きもあり、シミ・ソバカスを防ぐ効果があるとされています。

また古くなった角質層をやわらげ、肌のターンオーバー(28日周期)を促進させる働きがあり、 シルクの特性が助け合い、さらに美肌・肌のキメ効果が発揮されます。

3.静菌作用や異物浄化作用で清潔維持

乳清には、シルク同様、細菌の繁殖を抑える働きがあり清潔感を与え、敏感肌予防になります。

また異物を浄化させる働きもあり、硬くなった角質層を柔軟にして毛穴に溜まった汚れや皮脂を排泄しやすくさせ、毛穴の黒ずみ解消に役立ちます。

【乳清の栄養成分表】

アミノ酸はシルク同様18種類のアミノ酸組成

特に多いのは、グルタミン酸、リジン、アスパラギン酸、ロイシンです。

シルクアミノ酸を参照

ビタミン含有
ビタミンA、ビタミンB6、ビタミンB12、葉酸、パントテン酸、ナイアシン、ビタミンC他

ミネラル含有
カルシウム、カリウム、リン、ナトリウム、マグネシウム、亜鉛他