肌の老化原因

肌老化の原因と対策(シルクケア)

歳を重ねるごとに気になるのが肌の老化現象

老化現象

「お肌の曲がり角は25歳から」と聞きますが、でも最近では生活習慣、自然環境の変化から『15歳くらいから肌の老化は始まっている』とも言われるようになりました。

老化の原因は加齢だけではありません!

むしろそれ以外の老化因子、「紫外線」、「酸化」、「糖化」が、Aging(エイジング)速度をはやめているのです。

紫外線や酸化対策につきましては、シルクの特長を活かしたスキンケアで対応できます。
シルクを活かした洗顔でターンオーバーを整える、シルクアミノ酸で肌の保湿因子を補給、そしてシルクのUV効果と抗酸化作用です。

紫外線がもたらす光老化

なんと肌老化の8割が紫外線によるものと言われています。

加齢による原因を除き、さらに肌の老化を早めてしまうのが紫外線と言われてます。

化粧品会社で有名なロレアルの調査機関による調べでも、老化原因の80%が紫外線によるものだと発表してます。

私が美容業界に入った1990年代の当時でも「肌の一番の大敵は紫外線である」と教わりましたが、具体的な数値 “80%” と知った時は驚きました。

地球温暖化、CO2の増加、地球を取り巻く自然環境の激変で降り注ぐ紫外線は増えています。

ここ最近、「オゾン層の破壊が・・・」と警鐘を鳴らすニュースを耳にすることが減りましたが、紫外線の量は多く油断は禁物です。

紫外線

さらにここ数年、今までは地上に届かないと言われていた紫外線C波(UV-C)の影響が懸念されはじめてます。

気象庁の天気予報でも、紫外線量も発表されるのが恒例となり、注意意識を持たせるようになっています。

紫外線による『光老化』とは?

いったい紫外線は肌にどんな影響を与えてしまうのでしょうか?

地表に届いている紫外線は「UV-A」と「UV-B」の2種類。

どちらも肌に侵入して悪さをします。

UV-A、UV-B、UV-C

まずUV-A
地上に届く紫外線の約9割がUV-A、波長が長くて肌の奥深くまで侵入して活性酸素を発生させるメカニズムをつくります。

活性酸素が増えすぎると、肌の弾力やハリを保つコラーゲンやエラスチンを傷つけたり、破壊したりして、シワやたるみを引き起こしてしまいます。

UV-Aは、年間を通して降り注ぐうえに波長が長いため、ガラスなども容易に通して家の中まで降り注ぎます。

「今日は外出しないから」とか「曇っているから大丈夫」なんて油断してしまうと、年齢以上に老け込み、あとあと後悔することもなります。

次にUV-B

波長の短いUV-Bは表皮まで浸透、メラノサイトを刺激し日焼けの原因となります。浴びすぎると水膨れになることも。

肌の新陳代謝が鈍ればシミやくすみが出始めます。

光老化の対策ケア


酸化と糖化でW老化促進

酸化糖化は進行過程がよく似ており、同時に進行しているだけでなく、糖化が酸化を、酸化が糖化をそれぞれ促進していることも明らかになり、肌にはやっかいな老化現状の相乗効果です。

糖化とは

体内にある糖とたんぱく質が結びついて最終糖化産物「AGE(エージーイー)」が作られる現象です。

熱が糖化の引き金になることから「コゲる」とも言われ、トーストが熱によってきつね色になるのもたんぱく質と糖が焼かれて糖化したものです。

コゲたトースト

体内で「AGE」が多く生産されると、シワやたるみ、肌荒れなど肌へダメージを与えます。

AGE」が作られると、分解・排出するのは大変困難なため、糖の過剰摂取に気をつける予防が一番の対策となります。

食事は野菜から食べる、よく噛んで食べる、お菓子の間食は少なく、清涼飲料水やお酒の飲みすぎは注意、適度な運動をするなど、糖化を予防する生活習慣が重要です。

酸化とは

体内の酸素の一部が攻撃性のある「活性酸素」に変化し、細胞と結びつくことを酸化といい、いわいる「サビ」とも呼ばれています。

錆

鉄が水、酸素、熱、紫外線などによって茶色に変色して劣化していくのも酸化現象の一つで、これと同じようなことが体内で肌内で起きているのです。

体を守る免疫機能として働く「活性酸素」、しかし紫外線やストレスなどを受けると大量に発生し免疫の域を超えてしまうのです。

攻撃性へと変化した「活性酸素」は、メラノサイトを刺激したり肌のターンオーバーを乱し、シミやくすみを助長、肌を乾燥させるなど肌老化を促進させるのです。

肌の酸化対策ケア


更新日:2020年9月11日
文責:スキンケア化粧品の営業歴29年
シルキーズ代表 新井貴信