エイジングケア、紫外線と光老化対策ページへ

HOME > 肌老化の原因と対策 > 光老化の対策

肌の老化原因、紫外線と光老化

肌の大敵「紫外線」が老化を早める!そして今後の新UVケア事情とは!

紫外線

 

年々増加する紫外線量。

これまではオゾン層でブロックされ地上には届かないと言われていた紫外線C派(UV-C)の影響も懸念されはじめています。

有害性の強いC派が微量ながら地上に到達しているのです。

 

さらに人工的光、LEDから発せられる「ブルーライト」も影響があると言われてます。

外出しても家にいても、周りは「光害(こうがい)」だらけです!

「光老化」から肌を守るには!

紫外線からくる光老化は、日常の心がけ次第で抑えることが可能です。 

例えば、長袖のシャツの着る、日傘をさす、帽子をかぶって外出するなどです。 

そしてスキンケアでは、日焼け止め化粧品を使ってUV対策をしてください。

 

肌が紫外線のダメージを受けるのは、夏だけではありません。オールシーズン注意が必要です!

屋外だけでなく、屋内も忘れずにしましょう。

日焼け止め化粧品のUVカット数値とは

日焼け止め化粧品には、「SPF50」とか「PA+++」とい表示があります。

 

SPFは、紫外線B派(UV-B)をどれほどの時間帯防いでくれるかの目安になる数値です。

数値が高いほど、紫外線から守る時間も長いということになります。

例えばSPF30は、紫外線B波を約10時間目安で守る数値です。

日焼け止めは数値が高いほどよいとは限りません!

数値が高い、例えばSPF50が現在最高値ですが、紫外線カット成分を多く配合しており、それだけ肌への負担リスクも大きいことになります。負担の積み重ねが老化を早めかねません!

皮膚科学会でも「日常使いであればSPF20程度」を推奨しています。

1日に数回塗り直す習慣が一番よい方法です。

 

PAは、紫外線A波(UV-A)をカットする効力を示します。

+から++++の4段階で表示されます。

+はやや効果がある。++は効果がある。+++は非常に効果があると言うことです。

紫外線が強い季節、山や海の時はPA+++のものにしましょう。

※2013年1月より、新たに+4が加わりました。

紫外線A派をしっかりガードする!

私たちが日常浴びる90~95%はA派です。

浸透性が高く、日焼けをすると黒くなる(サンタン)性質をもっています。

ガラスも透過しますので、室内や車内でも日焼けを起こすおそれがあるのです。

 

また、肌奥の真皮層まで届き、弾力繊維のコラーゲンやエラスチンを変質させます。

この影響で、シワやたるみなどの肌老化の原因となり促進させてしまいます。

そして、一年中A派の影響を受けていることも忘れてはいけません!

 

光老化から肌を守る基礎化粧品アイテム

紫外線による光老化をシャットアウト!おすすめの日焼け止め化粧品を紹介ます。

 

日焼け止め:スーバーサンブロックⅡ

日焼け止め「スーパーサンブロック」

オールシーズン用のUVケア

一年を通して、生活紫外線をカットする日焼け止めとしておすすめ!

エモリエント性に優れ、光老化の防止成分を配合。

肌にスルッと伸びて美容液感覚で使用できます。

 

ミルキージェルタイプで低刺激で肌に優しい。洗い落ちもよく子供さんにもおすすめです。

詳細はこちら

 

シルクパウダー100%のオーガニックフェイスパウダー

野蚕シルクパウダー100%、オーガニックフェイスパウダー

屋内用やちょっとした外出に

シルクパウダー(野蚕100%)で光老化対策!

屋内にいても油断大敵!紫外線(A派)は家の中にも入ってきます!

こんな時は肌に負担を与えないシルクパウダーがおすすめです。

シルクの反射散乱性により紫外線をカットします。

 

24時間使えるのもおすすめポイントです。

詳細はこちら

 

紫外線で弱った肌をイキイキさせる基礎化粧品SILKもお見逃しなく!

肌トラブルでお悩みの方

活肌アミノ酸でキメ肌作り

基礎化粧品SILKシリーズ

SILK基礎化粧品の詳細

 

▲ このページのトップへ