エイジングケア、水分不足の乾燥肌対策ページへ

HOME > 肌老化の原因と対策 > 乾燥肌

肌の老化原因、水分保持能力と乾燥肌

年を重ねるにしたがい、肌の水分量は少しずつ減少していきます。

真皮の水分量が赤ちゃんの時に80%くらいあったものが、年を重ねるにしたがい徐々に減っていき 、20代では約65%になり、その後も下降線をたどっていきます。

 

これは、自然な水分量の減少で、この世に生まれてきた以上、肌老化は避けられないことです。

しかし誤ったスキンケア(刺激の強い洗顔や偏った水分補給)を 続けていると、さらに肌の水分量の低下を早め、肌老化を促進してしまいます。

角質層の水分が減ると老化が早まる

肌の一番上にある角質層の水分保持能力があるかないかで、肌の老化速度は決まってくる! 

歳を重ねるごとに乾燥気味になる

加齢によってセラミド・天然保湿因子が減少、肌老化が早まる!

乾燥した肌

健康的な角質層内の水分量は、20%前後といわれています。

この水分量を保持しているのが、「セラミド」と「天然保湿因子(NMF)」です。

 

しかし、年を重ねるごとに年々セラミドや天然保湿因子は減少していくと言われています。

すると水分の保持能力が弱くなってきます。

 

ちょっとしたきっかけ、例えば体調不良なので、角質層が硬くなって肌荒れしたり、ターンオーバーが乱れたり、バリア機能の低下などになりやすく、より肌老化を早めてしまいます。

 

加齢以外にも水分量を低下させるもの

◆洗浄力の強いクレンジングと洗顔料、肌摩擦!

洗浄力の強いクレンジングや洗顔フォームは、必要以上に角質層内にある天然保湿因子やセラミドも洗いながしてしまいます。

また、肌を強くこすってするゴシゴシ洗顔は、肌摩擦によって角質肥厚を起こし、ターンオーバーが乱れセラミドや天然保湿因子が生成されなくなり 、肌水分量の低下を早める原因になります。

 

◆偏った潤い成分の補給ではダメ!

角質層内には、天然保湿因子やセラミドの保湿成分が存在しているわけですが、重要なのはバランス制です。

天然保湿因子は、色々な複合アミノ酸、ミネラル、PCA、乳酸、尿酸などからできてます。

セラミドも同様に、7種類のセラミドがあります。

 

ここ重要

補給はバランスが重要

天然保湿因子成分(アミノ酸類、PCA、乳酸塩、尿素、クエン酸塩など)や天然セラミドをバランスよく補うことが、水分保持能力をアップさせ、肌の老化予防対策となります。

エイジングケアに基礎化粧品SILK

肌老化の原因である乾燥肌と肌への摩擦を予防する活肌アミノ酸の深呼吸うるおいが特長の
クレンジング、洗顔フォーム、素肌ローション(化粧水)、保湿ローションの基礎化粧品SILKシリーズ

 

アミノ酸クレンジングジェル

潤い重視型のメイク落とし

98%以上が美容保湿を配合した保湿ジェル!

特長はなんといっても肌や皮脂腺に負担をかけることなく、メイク落としができること!

肌への潤い機能を大切にするクレンジング剤です。

詳細はこちら 

 

シルクの角質ケア洗顔料「素肌ソープ」

泡立てない・する2通り洗顔

肌に優しい弱酸性のアミノ酸洗浄剤を主成分とした洗顔フォーム。

特長は、潤い成分とシルクパウダーをたっぷり含んだ角質ケア洗顔料です。

洗顔後の化粧水の浸透力を高め、乾燥による老化を予防します。

詳細はこちら

 

素肌ローション

潤いバランスを整える化粧水

これ1本で角質層に必要な天然保湿因子(アミノ酸他)をバランスよく補うことができます。

水分保持能力の基礎ケアには欠かせない化粧水です。

保湿成分をバランスよく補えば、肌の老化促進を遅らせることができます!

詳細はこちら

 

保湿化粧水「保湿ローション」

天然セラミド配合の保湿液

天然セラミド+シルクパウダー配合の保湿液です。

皮脂腺に刺激を与えるオイル成分はもちろん無添加です!

加齢とともに減少するセラミドを補い、肌表面はシルクパウダーで酸化予防。

肌の内と外から老化予防対策をする保湿ローションです。

詳細はこちら

乾燥老化を抑えるスペシャルケア 

乾燥肌、肌の水分保持機能アップに有効といわれるヒアルロン酸。

エイジングケアに欠かせないエンザイムQ10、α-リポ酸、プラセンタエキスを配合。

リプレニッシュクリーム

スーパーヒアルロン酸配合

通常のヒアルロン酸の2倍の水分を保つことのできる、スーパーヒアルロン酸を配合。そして糖化による老化対策成分「ギンバイカエキス」を配合。

乾燥と糖化のW老化原因を防ぐ保湿クリームです。

 

詳細はこちら

 

このページでは、肌の老化原因の一つ乾燥肌について解説してます。
乾燥した肌には、どんな成分を補えばよいのでしょうか?

それは、角質層内に存在している保湿成分です。

そして皮脂腺に刺激を与えないスキンケアで、天然クリーム(皮脂膜)を活かすこと! 

 

肌トラブルでお悩みの方

活肌アミノ酸でキメ肌作り

基礎化粧品SILKシリーズ

肌に優しいシルク化粧品詳細

 

▲ このページのトップへ