アトピー対策、化粧品選びの参考に対策ページへ

HOME > アトピー対策と化粧品

アトピー肌対策のスキンケアはバリア機能を強化する化粧品を!

このページでは、アトピー肌になった時のスキンケアとバリア機能を強化する対策について解説してます。

 

アトピー肌の様子

アトピーとは、「自然界あるいは生活環境の中に存在するある特定の物質や食べ物がアレルゲンとなり、皮膚にアレルギー性の炎症を起こしている状態」と書いてあります。

根本的に治すには、体質改善がなによりも土台となります。

体質改善ではサプリメントを利用するのも一つの方法です。シルキーズの取引先である健康家族さんではかなりの実績を積んでおられます。

相談だけも参考になることは沢山あるかと思います。

ホームページはこちら(健康家族

 

悪化させないスキンケア

スキンケアとしての役割は、低下した肌のバリア機能を復活させることでアトピーの悪化を防ぐことです。

 

肌のバリア機能が弱る

バリア機能が低下してアトピーが悪化

アトピー症状が出ている肌は、肌本来のバリア機能が弱くなっています。

抵抗力のない肌は、ホコリやダニ、汗やカビ、乾燥などちょっとした刺激にも敏感に反応してしまい、痒みや炎症が起こしやすい状態になっています。

 

先ずは保湿とバリア機能を高める成分を補うこと!

その成分とは、セラミドなどを含む細胞間脂質です。

細胞間脂質は角質内に存在する天然の保湿成分であり、バリア機能成分でもあります。

細胞間脂質(セラミド)が作るラメラ構造

 

肌が乾燥してバリア機能が乱れている時は、セラミド(細胞間脂質)を小まめに補いましょう。

 

あと気をつけたいのが洗い過ぎです。

清潔が第一と意識し過ぎるあまり、洗浄力の強いものを使うとかえってバリア機能を乱したり肌の乾燥を助長してしまいます。

この点も気をつけたいとことです。

 

アトピーと化粧品選びの基準

アトピー肌の時、どのような化粧品を選べばよいのでしょうか?

その判断基準、目安となる化粧品選びについて説明します。

あるスキンケア化粧品との出会いが、治療薬以上の感動をうむこともありますので、日頃のスキンケアは重要です。

 

低刺激な肌に優しい化粧品が基準ですが・・・

アトピーになった時、まず考えるのは肌に優しい化粧品、配合成分が気になります。

肌に優しい化粧品を探す場合、「無添加」「オーガニック」「自然派」もしくは直接的に「アトピー用の化粧品」などで探されることでしょう。

ですがここ最近、「無添加」と謳ってなくても低刺激なスキンケア商品は沢山あります。

それに無添加の洗顔料だから洗浄力は弱いとも限りません!

 

よく使われている化粧品の防腐剤「パラベン」ですが、一時は刺激成分として悪者にされたてましたが、何度も品質改善がなされ、食品にも使用されるほど安全性は高く、肌への刺激はほとんどありません。

他の成分、例えば「BG」もそうです。化粧品会社の売りやオーバートーク、誘導戦略に惑わせれないことです。

 

合成成分を気にするより天然成分に注視する

配合成分をチェック!

アレルゲンとなる成分、特に天然由来の成分は何から作れているのか、必ずチェックしましょう。

肌に優しいアミノ酸系でも小麦由来系のものかもしれません!
小麦アレルギーなら当然ダメです。ヤシ油系、シルク、乳清を選ぶべき。

 

洗顔料選びのポイント

洗浄力の強いものは避けるべき

アルカリ性の石鹸は意外に洗浄力が強く、肌の保湿成分やバリア機能成分(セラミド)を必要以上に奪ってしまいます。

またよく泡立つ洗顔料には、増泡剤が石油系界面活性剤が配合されているので洗浄力は強いです。

 

おすすめは、弱酸性、オイル・アルコールフリー、そして洗浄力が一番優しいアミノ酸系をおすすめします。

 

化粧水選びのポイント

角質層に存在している保湿成分をバランスよく補うことです。

アトピー対策、洗った後は肌に必要な保湿因子も流されてしまいます

角質層にはアミノ酸を主成分とする天然保湿因子とセラミドを主成分とする細胞間脂質があり、角質の水分を調整したり、外敵から肌を守るバリア機能を強化しています。

 

ですがアトピー肌の場合は、この天然保湿因子やセラミドが不足し、肌は乾燥、バリア機能は乱れ、ちょっとした刺激でも痒みがでてきます。

まずは、天然保湿因子に近い複合アミノ酸や細胞間脂質に近い天然セラミドを補うことです。

 

バリア機能が弱っている時のスペシャルケア

外敵から肌を守るシルクパウダー

肌に近いアミノ酸で構成されているシルク。

シルクパウダーでバリア強化

シルクパウダーは肌に優しいだけでなく、雑菌や細菌の増殖を抑えかゆみ防止に、また酸化や紫外線から肌を守り、バリア機能として一役買ってくれます。

 

状況に応じて薬や保湿剤の併用も!

アトピーがひどい時は、状況に応じて薬の併用やガサガサしている場合は保湿剤も併用しましょう。

猛烈なかゆみを伴いますので、まずはかゆみを抑えることが先決。

 

【まとめ】

アトピー肌の時はバリアを強化するスキンケアに努めましょう。

洗い過ぎを防ぎ角質内にある天然保湿因子(複合アミノ酸)や細胞間脂質(天然セラミド)を補います。

 

SILK化粧品もお役にたってます!

ご愛用者の中にはアトピーで悩んでおられた方が沢山いらっしゃいます。よろしければ、お客様の声(アトピー肌特集)をご覧ください。

お客様の声

 

肌に優しいSILK基礎化粧品

美肌の連鎖を作り出す活肌アミノ酸初めての方に、基礎化粧品お試しセット

洗浄界面活性剤 不使用 クレンジングジェルアミノ酸系(シルク粉末入り) 素肌ソープ

活肌アミノ酸たっぷり化粧水 素肌ローションセラミド・シルクパウダー配合の保湿液

集中ケアの基礎化粧品

野蚕シルクパウダー100%、オーガニックフェイスパウダー乾燥肌・エイジング保湿のクリーム

高濃度・10%高配合ビタミンC誘導体化粧水クレイパック洗顔

 

▲ このページのトップへ

肌別ケアのワンポイントアドバイス

美肌になる為の美容特集