もっと綺麗に

「肌を綺麗にする方法」
あれこれスキンケア特集!

「今の肌をもっと綺麗にしたい!」という方、集まってください!

この特集ページでは、【肌を綺麗にするにはどうな方法が?あれこれスキンケア情報】として、肌トラブル別アドバイスや色々な角度から肌を綺麗にするスキンケア情報をまとめてみました。

あれやこれやと説明していますが、一番大事なのは肌が持っている保湿成分をどう守ってどう育てるかのスキンケア次第で肌の美しさは決まります

肌の3大保湿因子

肌の保湿成分とは、肌表面を覆っている皮脂膜、角質細胞内にある天然保湿因子(NMF)、そして角質細胞の隙間にある細胞間脂質のことで、この3つの保湿成分がバランスよく存在してこそ美しい肌は保たれる訳です。

そして肌の保湿成分と深く関わっているのが「肌のターンオーバー」です。

肌のターンオーバー

ターンオーバーが乱れれば肌の保湿成分である天然保湿因子・細胞間脂質の生産効率が下がりますし、また天然保湿因子や細胞間脂質が減ればターンオーバーも乱れます。

よって肌の保湿成分を守り、肌の保湿成分を補い、ターンオーバーを正常化にして、自ら潤う力をつけることが美肌へのステップアップです。

美の好循環


人の肌、天然保湿因子に近いシルク、特長は優しい保湿成分だけではありません。

繭玉・加水分解シルク・シルクパウダー

シルク由来の化粧品成分としては、繭玉から抽出した加水分解シルクと繊維を粉末にしたシルクパウダーがあります。

加水分解シルクは18種類のアミノ酸から成り、天然保湿因子(NMF)に近い成分であることから馴染みがよく肌の調子を整える保湿成分として認知されていますが、注目したいのはシルクアミノ酸による天然の界面活性剤です。

特にシルクアミノ酸の一つ「アルギニン」は乳化力に長けており、これを利用すれば肌の保湿成分を守りながら優しい洗顔ができます。

シルクパウダーは、繊細な角質ケア洗顔としての役目を果たしたり、肌の大敵である紫外線や酸化から肌を守ります。

このようにシルクには色々なスキンケア効果があり、乱れがちな肌のターンオーバーを整えることができるのです。

シルクならではの洗顔と保湿と防御を引き出した基礎化粧品なら美の好循環を生み出し、綺麗な肌へと導いていきます。


肌トラブル別アドバイス

乾燥肌

保湿力の高い成分を補うより洗い過ぎ洗顔を見直し、ターンオーバーを整えるスキンケアを。

乾燥肌対策

敏感肌

肌に優しいクレンジングや洗顔に切り替え、アミノ酸とセラミドを積極的に補うスキンケアを。

敏感肌対策

毛穴

毛穴洗浄と同時にターンオーバーを整え新鮮な角質層にするスキンケアをしましょう。

毛穴対策

悩み相談

色々な肌トラブル、スキンケアの悩み相談をシルキーズ店長が答えてます。

肌悩み相談室


肌を綺麗にする情報ページ特集

あなたの肌に適したスキンケアや基礎化粧品が見つかりますように願いながら、色々な情報ページを更新してきました。今の状況や環境と照らし合わせながら、気になるタイトルページをぜひ参考にしてみてください。


皮膚の構造と役割を知っていますか?お肌をきれにする為にも基本的なことは頭にいれておきましょう。
肌の構造と役割を学ぼう


角質層に存在する「天然保湿因子」と「細胞間脂質」、水分保持とバリア機能の欠かせない保湿成分です。
最高の美容成分とは!


20代は嫌われる皮脂膜だったのに40代になると恋しい天然クリームになる、これではいけません。天然クリームとして活かし続けるスキンケアを紹介します。
皮脂膜を天然クリームとして活かす


天然セラミドとは主に馬などの動物から得られるスフィンゴ脂質の一種で、肌にあるセラミドに似た構造であることから肌なじみがよい動物性セラミドです。
天然セラミド(セレブロシド)とは?


肌を健康にする保湿スキンケアとは角質内の水分量を30%前後に保つことお手入れのこと。その為に必要な水分、保湿成分、油分の正しい補給方法について説明しています。
正しい保湿のスキンケアで肌の健康を保ちましょう


「クレンジングにかける時間は1分以内が理想」って言われますが時短するだけで本当に課題は解決され肌のキメや調子はよくなるのでしょうか?
クレンジングにかける時間で肌のキメは変わる!


乾燥肌、敏感肌の原因が、クレンジングの主成分である「油分」や「界面活性剤」によるものだったなら、石鹸より優しいメイク落としがどうしても必要になってくるのではありませんか!
石けんより肌に優しいクレンジングがなぜ必要なのか?


肌の保湿を極力奪わないクレンジングが乾燥肌・敏感肌向きの商品です。界面活性剤が少ないミルクタイプ、いや界面活性剤不使用のクレンジングがベストです。
乾燥肌・敏感肌に優しいクレンジングとは


オイルにも界面活性剤にも頼ることなくメイク落としができるSILKクレンジング。本当にメイクが落ちるのか実験してみました!その結果をご覧ください。
油分にも界面活性剤にも頼らずメイクが落ちるかの実験


まつ毛エクステ対応のクレンジングはオイルフリーと言われていますが、さらに界面活性剤フリーのクレンジングジェルならマツエクが2倍長持ちします。
マツエクを守るクレンジングジェル!弱点はオイルだけでない!


足裏と同じように顔でも角質肥厚が起きています。くすみ、ニキビ治らない、毛穴目立ち、乾燥、化粧乗りが悪い時は疑ってください。
それって角質肥厚かも!?正しい角質ケア洗顔で解決を!


このページでは美肌の要である「ターンオーバー」と肌の代謝を整える為に欠かせない正しい角質ケア洗顔法について説明しています。
肌のターンオーバーと代謝を上げる洗顔法とは


数ある肌タイプの中でも、一度肌トラブルが起きてしまうとなかなか治らないのがオイリー肌です。オイリー肌を悪化させないスキンケア方法、洗顔方法を中心に紹介します。
オイリー肌のための洗顔講座


今でも多くの女性を悩ませている敏感肌。肌に良かれと思って行っていたスキンケア方法は、もしかしたらトラブルの原因になってしまうかもしれません。今 回は、敏感肌のための洗顔方法を紹介します。
必見!敏感肌のための洗顔法


洗顔は美しい肌を作るために欠かせないものですが、汚れをしっかり落とそうと、強い洗浄力の洗顔料やクレンジング剤を使用していませんか?肌を守っている角質層を傷つけない洗顔方法をご紹介します。
「重要な角質層を守る」優しい洗顔方法で美肌を目指そう!


夏は角栓ができやすい季節。どんな洗顔ケアをすればいいのでしょうか?角栓ができてしまう原因や角栓を作りにくい洗顔料をご紹介します。
肌の黒いボツボツとさよなら!? 角栓を作らない洗顔とは?


間違ったケアを続けていると、自ら毛穴の黒ずみを生み出してしまう恐れがあります。黒ずみの種類を見極めて正しいケアを行うようにしましょう。
「毛穴の黒ずみ」は間違った洗顔で作られている!


睡眠中は肌が修復している時間帯で新陳代謝が活発、その総仕上げとして朝の洗顔はとても重要。肌や毛穴をリフレッシュさせる朝専用の洗顔料が必要です。
朝の洗顔でキメ・透明感がアップ!おすすめの洗顔料はこれ!


最近流行りの「水洗顔」について、詳しく知っていますか?水洗顔にはどのようなメリットや注意点があるのか、正しい行い方と合わせてご紹介します。乾燥肌、インナードライ肌の方は試す価値アリかも…!?
どんな肌に適している? 【水洗顔の基礎知識】


脂っぽいTゾーンと乾燥したUゾーンに悩まされる混合肌。そんな肌には、毎日のクレンジングや洗顔を見直す必要があります。混合肌に適したクレンジング料や洗顔方法をご紹介します。
混合肌を治すスキンケア洗顔とは?


夏は顔の汗や皮脂のベタつきが気になる季節。だからと言って洗顔し過ぎるとかえって肌トラブルを招きやすくなります。肌に潤いを残す正しい洗顔方法とおすすめの洗顔料を紹介します。
洗い過ぎてない? 夏の肌の洗顔方法


ガーゼ洗顔は肌に優しく、血行を促進しくすみを解消するなどのメリットがたくさん。簡単な方法ですぐに始められるガーゼ洗顔をご紹介します。
赤ちゃんみたいな素肌を目指す!【ガーゼ洗顔】


洗顔料には、グリセリン、ヒアルロン酸、アミノ酸、セラミドといった保湿成分が配合されていますが、洗い流されるので保湿成分としての価値はないのでは?
洗顔料の保湿成分は役に立つ!?


肌に合う化粧品を探す前に、なぜ今使っている化粧品が肌に合わなくなったのか?この原因を探れば肌に合う化粧品が見えてきます。
肌に合う化粧品探し!


肌に合う化粧水を選ぶ時は、肌にある保湿成分に近い成分が配合されている化粧水を選べば事は済みます。
肌に合う化粧水とは


皮膚や毛穴には常在菌が棲みついています。美肌に貢献する菌もいれば肌荒れに導く菌もいます。それぞれの細菌の働きと育菌のスキンケアを学んで美肌の道を切り開きましょう。
皮膚常在菌を上手くコントロールすることが美肌への道


肌がカサカサ、化粧ノリが悪い、化粧水がしみる他、肌の調子が悪いと感じた時、洗顔や保湿などのスキンケアの改善と意識改革が必要です。またメイク疲れを和らげるテクニックも紹介中。
肌の調子が悪い時、こんなスキンケアに心がけて!


化粧水やクリームなどで保湿をカバーするより自肌の保湿成分を奪わないスキンケアを優先して肌のキメを整えましょう。
肌のキメを整えるにはスキンケアの見直しを!


肌のハリを取り戻すには、肌表面は代謝を整え保湿ケアを活かす、肌内は良質なタンパク質とビタミンCの摂取、そしてお口体操も毎日しましょう。
肌のハリを取り戻すには!


みずみずしさを引き出す保湿成分、角質肥厚にさせない洗顔、皮脂膜を活かして天然クリームへ、オールシーズン完璧な紫外線対策で透明感のある肌へしましょう。
透明感のある肌へ導くスキンケアとは!


デドックススキンケアで美肌を手に入れましょう。美容成分の補給だけでなく排泄機能を高めるケアも大切です。シルクのデトックス効果を活かしたスキンケアとは!
デトックススキンケアで美肌を手に入れよう


「美白化粧品を使ってもシミが消えない」、こんな時は美白化粧品だけに頼るのではなく、内と外から代謝美白をしましょう。
美白化粧品が効かない時は代謝美白を!


春は芽生えの季節、肌も同じ、肌が喜ぶスキンケアで代謝エネルギーを再点火させてリフレッシュな肌を作りましょう。
春肌を幸せにするスキンケア


じめじめした梅雨、肌も同じようにじめじめしているのに肌の所どころがカサカサしている、これはインナードライになっているかも!?今回は梅雨の時期のスキンケア方法を紹介します。
必見! 梅雨の時期のスキンケア方法


冬肌のスキンケアのポイント!肌をいたわる保湿、肌をリフレッシュする保湿、保湿を大切にする保湿を心がけましょう。
冬肌のスキンケア!保湿を活かす保湿がポイント


更新日:2021年1月12日
文責:スキンケア化粧品の営業歴29年
シルキーズ代表 新井貴信