美白スキンケア

美白化粧品が効かない時は代謝ケアに重点をおく!

美白化粧品が効かない

「美白化粧品を使ってもシミが薄くならない!」

こんなお悩みございませんか?

期待感が大きいだけに結果がでないと落ち込んだり裏切られた気分になったりします。

このページでは美白化粧品の存在意義とは何?を説きながら美白化粧品の効果を引き出すケアへと話しを進めていきます。

美白化粧品とは!

美白化粧品とは

美白化粧品とは、頬などにできたシミを薄くしたり、シミで現れないように予防したりする化粧品のことです。

紫外線などに当たると防衛反応が働きメラニン色素を作ります。通常なら肌のターンオーバーによって黒味かかった色素細胞は垢と一緒に排泄されますが、何かの原因で肌内に残ってしまうことが・・・、これがシミです。

シミを防ぐため、メラニン色素の生成を抑制したり、残ったメラニン色素の排出を促す成分を「美白成分」と呼びます。

【美白成分の一例】

・ビタミンC誘導体

・アルブチン

・ハイドロキノン

・ルシノール

・トラネキサム酸

・コウジ酸

・プラセンタエキス

美白成分は3つのタイプがある

1、メラニン色素を漂白する還元美白

2、メラニンの生成を抑制する予防美白

3、メラニンの排出を促す代謝美白

このように効果効能の説明を聞くと、いかにもシミが消えそうな期待感が沸きあがりますが、ポツンと目立つシミはなかなか消えてくれません。それが現実です。

美白化粧品は、シミを消すというよりシミが現れないようにする予防コスメ!

と考え方を改めたほうがよいかもしれません。

美白化粧品が効かないケース

大きく目立つ老人性色素斑

シミ

写真のように、大きくて濃いシミはなかなかスキンケアだけでは取れません!

このシミは老人性色素斑というもので別名「日焼け記憶じみ」とも呼ばれ一番多いタイプのシミ。

過去に浴びた紫外線が数年後にシミとなって現れたり、代謝の衰えからでる場合があります。

早くケアすれば美白化粧品の効能も期待できるのですが、そのまま放っておいたり真皮まで色素が沈着してしまうと、美白化粧品がきかない場合があります。

「肝斑」というタイプのシミ

眼の下、左右対称に近い形でぼんやりと現われるのが特徴で、このシミは女性ホルモンが関係していますので美白化粧品だけでは効かない場合があります。

美白化粧品を活かすスキンケアとは

スキンケア

では、美白化粧品が効かないと思った時の対処法を説明します。

シミ対策は早め早めが一番で、時間が経った根深いシミは美白化粧品の効果の出始めが遅くなりますので根気が必要です。

キーワードは『代謝美白』です!

外側と内側のケアから代謝美白を徹底してやり続け、習慣化することです。

ターンオーバーを促すこと

洗顔が決め手です。

ターンオーバーを促す方法としてピーリング洗顔があります。

しかし、やり過ぎると肌が敏感になったり、洗い過ぎで角質にある天然保湿因子や細胞間脂質を必要以上に奪ってしまい、逆にターンオーバーを乱す原因になりかねません。

角質の取り過ぎはかえって逆効果になるのです。

当然、美白ケアにもつながりません。

おすすめはこれ!

石鹸より優しい洗浄力ながら古い角質だけを優しく取り除きターンオーバーを整える洗顔料です。

角質ケア洗顔量

素肌ソープの詳細へ


代謝美白を促進させるインナーケア

ビタミンCの摂取

インナーケア(内側から)の決め手は、ビタミンCの補給です。

そんなの当たり前と思うかもしれませんがもう少しこのまま読み続けてください。

皆さん、ビタミンCはどれ位摂ってますか?

厚生労働省の食事摂取基準は、1日に100mgのビタミンC摂取量が望ましいと言ってます。

しかし、代謝美白を促進させる為にはもっと摂取する必要があり、摂り方にも工夫が必要です。

ビタミンCは水溶性のため、体の中で飽和してもすぐ排泄されます。

また、ストレスや紫外線など外的刺激を受けると体内のビタミンCは急激に減ってしまいます。

代謝美白を維持するには、常に血液中のビタミンC濃度をフルの状態にしておかなければ肝心な肌には届きません

血液中のビタミンC濃度を1日中、24時間維持することが重要なんです。

「朝食時にまとめて摂取基準の10倍、1000mg摂取したから大丈夫!」

これではダメです。

午前中は血液中のビタミンC濃度が高くでも、午後からは濃度が薄くなってしまいます。

ビタミンCは排泄されやすいので、小まめに摂取する必要があります。

朝、昼、午後3時、夕食後、睡眠前とコツコツ摂取しましょう。

ビタミンCは果物や野菜から摂取してもサプリメントで摂取しても効能は変わりません。

こまめに摂りやすいサプリメントを利用して、しっかり補給しましょう。


まとめ

美白化粧品はシミを消すより予防のコスメと認識しましょう。

但し1年2年3年と長期続ければ色白肌になる確率は高いです。

相乗効果を上げる為にも肌の新陳代謝(ターンオーバー)を整えるスキンケアを心がけましょう。

その対策として

・古い角質だけをとる優しい洗顔

・ビタミンCのこまめな摂取

こらが代謝美白の要点です。

それと最後に、紫外線対策はオールシーズン、外出時はもちろんのこと、お家にいる時も必ずしましょう。

更新日:2020年9月15日
文責:スキンケア化粧品の営業歴29年
シルキーズ代表 新井貴信