敏感肌の洗顔

敏感肌、必見!間違ったNG洗顔って

スキンケア洗顔

今回は敏感肌のスキンケアについて、中でも特に気を使わなくてはならない洗顔方法についてスポットを当てて解説します。

ページの後半では、石鹸よりも優しい洗浄力ながら汚れはしっかりとる、おすすめの洗顔料を紹介してます。

敏感肌が悪化してしまう原因

敏感肌だと自覚してきちんとお手入れをしているのに、なぜか肌が荒れヒリヒリてしまう。

そのヒリヒリ感は、肌を刺激する間違ったNGスキンケア習慣と関係があるかも知れません。

では、敏感肌のNG習慣とはなにが挙げられるのでしょうか?

洗顔の方法

1日に何度も洗顔する

洗顔は、主に皮脂と汚れ、いらない角質を落とします。

朝と夜意外に何度も洗顔を行ってしまうと、皮脂以外にもお肌を守ってくれている天然保湿因子や細胞間脂質も落としてしまうのです。

保湿が足りないと感じた肌は、より多くの皮脂を分泌してテカリやニキビ、角栓の原因になります。

どちらの方法を取り入れたらキレイな肌になるのか気になりますが・・・。

摩擦を与える

汚れが落ちていないのも肌荒れの原因になりますが、きちんと落とそうとしてゴシゴシと洗ってしまうと肌に摩擦を与えてしまいます

肌表面が弱い敏感肌は、その刺激にも反応してしまうことがあるのです。

熱いお湯、冷たい水

人肌より熱い・冷たい水は、サッパリしたように感じますが肌の乾燥を招いたり、毛穴の汚れを落とし切ることができなかったりします。

必見!敏感肌の為の洗顔法

良かれと思って行っていた行為が、かえって肌の負担になってしまっているということも少なくありません。

どうしたら、敏感肌を刺激しない洗顔を行うことができるのでしょうか?

早速、敏感肌のための洗顔方法を紹介します。

ぜひ参考になさってください。

優しい洗顔法

1、手を洗う

顔に雑菌を移動させないために、洗顔前には必ず手を洗う習慣を付けてください。清潔な手で洗うことで汚れを含まない泡で洗顔を行うことができます。

2、ぬるま湯で顔を洗う

洗顔料で洗う前に、一度ぬるま湯(32~35℃)で顔を洗い流します。

お湯で肌を洗うようなイメージで、なるべく手で擦らないのがポイントです。

洗顔中の摩擦の軽減、毛穴を開きやすくするので、この工程を怠らないようにしましょう。

3洗顔料をよく泡立てる

洗顔料が泡立っていないと摩擦を招き、肌を刺激してしまいます。 顔を覆える量のモコモコの泡を作ってください。

4、洗う順序

皮脂の多いTゾーンから泡を乗せます。

指先で泡を転がすようにクルクルと表面を撫で、そのまま頬に手を滑らせましょう。

頬はTゾーンに比べて皮脂が少ないので、泡を乗せておくだけでも大丈夫です。

目元・口元は皮膚が薄いので、泡をのせるだけに留めておきましょう。

Tゾーン→頬→目元・口元の順序を守り、泡を転がすように指先を使うことがポイントです。

敏感肌にとって一番のタブーは摩擦なので意識してください。

5、泡を洗い流す

最初と同様、ぬるま湯で泡を洗い流します。

ゴシゴシとこすらず、お湯を付けて洗い流すことを心がけてください。

アゴ・こめかみ・髪の毛の生え際は泡が残りやすく、その泡が原因で角栓やニキビができてしまうので注意しましょう。

6、タオルの使い方

水を拭き取るときも、摩擦に気を付けてください。

タオルに水分を吸収させるように、優しく抑えて水分を取り除きましょう。

また、洗顔時間は1~1分15秒程度が望ましいとされています。

2分以上の洗顔は肌の負担になってしまいます。

アフターケアの前の洗顔を正しく行うことで、汚れを落とし必要な皮脂を残した肌表面を作る事が大切です。

敏感肌と上手く向き合い、トラブルゼロの肌を目指しましょう。

石鹸より優しい洗顔料

おすすめ洗顔料

弱酸性のアミノ酸系洗顔料

コンセプトは、石鹸より洗浄力を抑えつつ不要な角質や毛穴の汚れはシルクパウダーが担う、そんな洗顔料です。

洗浄力を抑えることで肌の保湿成分を守りながら洗顔が可能、敏感肌の方におすすめです。

素肌ソープの詳細へ


更新日:2020年9月16日
文責:スキンケア化粧品の営業歴29年
シルキーズ代表 新井貴信