肌が喜ぶ保湿ケアとは

保湿というスキンケアとは

理想的な肌の保湿状態

保湿とは読んで字の如く「乾燥しないように一定の湿度を保つ」という意味で、言葉からは生き生き、柔らかい、生命力を連想させます。これをスキンケアに置き換えたなら、保湿とは、角質内の水分量を理想的な30%に保つために水分と保湿成分を補い、生き生きとした健康肌、バリア機能を高めるためのお手入れなのです。

しかしながら、肌の調子を上げるつもりで保湿をしているのに何故か乾燥肌がひどくなったり、毛穴の黒ずみが目立ってきたり、大人ニキビが突然できてしまうなど、肌トラブルが多発している傾向にあります。

今している保湿ケアが本当に正しいのか?今一度チェックしてみましょう。

✓ 適切な水分補給ができていますか?
✓ 肌が必要としている保湿成分を補っていますか?
✓ 油分の補給は必要な時だけに利用していますか?

今回は、肌を健康にする為の保湿というスキンケアについて見ていきます。また肌質に合わせた保湿対策も説明していますので、ぜひ参考にしてください。


適切な水分補給ができていますか?

化粧水のつけすぎはよくない

洗顔後は化粧水をバシャバシャたっぷりつけていませんか?

化粧水のつけすぎはよくありません

角質層内の水分量は30%前後がベストです。

肌はこれ以上もこれ以下も望んでいません。

洗顔や空気の乾燥などで失われた水分の量だけを足せばそれでいいのです。

それ以上水分補給をすると、角質細胞がフニャフニャにふやけてバリア機能を低下させたり、あるいは限界を超えた水分は吸収されず肌表面を濡らしているだけで、時間とともに蒸発していきます。

この蒸発こそが保湿とは真逆の効果で、蒸発と同時に肌の潤い成分も一緒に奪って、結果的に乾燥肌、敏感肌を助長しているスキンケアになっているのです。

一度につける化粧水の適量は500円玉ぐらいが基本ですが、この量も肌の状態に合わせて変えてください。

洗顔後のツッパリ感がひどい時、肌の乾燥がひどい時は一度にたっぷり補うより数回に分けたほうがいいでしょう。

100円玉ぐらいを目安に、2回から3回に分けて補います。

この時、1度目から2度目の間隔は1、2分待って、浸透してから2度目を補ってください。

コットンとハンド、両方の意見がありますが、私はハンドプレスをおすすめします。

また普通肌、オイリー肌の場合なら角質内の水分量もそれほど減ってはいないと思いますので、500円玉ぐらいと決めつけず、もう少し量を減らすなど、肌の状態に合わせながらさじ加減をしましょう。


保湿成分はアミノ酸とセラミドを補う

角質層の保湿成分

化粧水には色々な種類の保湿成分が配合されていますが、特に補ってほしい成分は「アミノ酸とセラミド」です

角質内には天然保湿因子と細胞間脂質という保湿成分があり、この両成分があるからこそ角質内は30%前後の水分量が保たれる訳です。

しかしこれらの両成分は洗顔や空気の乾燥などで奪われやすく、アミノ酸やセラミドが減ると水分保持能力は低下し、と同時に角質内の水分量も減ります。

最善策は、肌が持っている保湿成分を補うことです。

天然保湿因子の主成分はアミノ酸、細胞間脂質の主成分はセラミド、ですからアミノ酸とセラミドを集中して補いましょう。

アミノ酸の補給についてですが、肌がもっているアミノ酸、 「セリン」、「グリシン」、「アラニン」、「アルギニン」・・・などをバランスよく補いましょう。

配合成分では、18種類のアミノ酸からなるシルクや乳酸菌発酵液、各植物エキスが4、5種類以上配合されている化粧水がおすすめです。

またセラミドも人のセラミドに近い天然セラミドとかヒト型セラミドが配合されているものを補いましょう。

この保湿ケアは肌にある保湿成分の減った分をカバーするという目的だけでなく、肌のターンオーバーを正常化させる大切なスキンケアでもありますので、全ての肌質に必要なスキンケアとなります。
またターンオーバーが正常化すれば、天然保湿因子や細胞間脂質はより効率よく生産されます。


油分の補給は必要な時に適量を補う

乳液やクリーム

「乳液やクリームは付けたほうがいいのでしょうか?」と言う質問をお受けすることがあります。

乳液やクリームは肌の状態に合わせて使用する使用しないを決めてください

肌の保湿を維持するために油分は必要ですが、私たちの肌には自ら作る天然クリーム「皮脂膜」があるではないですか。

肌に一番適した油分は皮脂、これに勝るものはありません。

なのに皮脂の存在価値や働きを無視して、乳液やクリームをつける必要があるのでしょうか。

皮脂腺が真面目に働いてアブラを生産しているのに他の油分を使ってしまう選択は、皮脂腺の働きをまったく評価していないと言っているようなもの。

見誤った判断で怒って暴走したり、失意から働くことをやめたりするのです。
暴走すればニキビや毛穴目立ちに進展、働くなれば乾燥肌や敏感肌に進展します。

ですから皮脂腺が元気に働いている時は油分の追加は控えましょう。

もし乳液やクリームのないスキンケアでは物足りなくて不安になってしまうという方は、油分少な目でビタミンCなどの美白&抗酸化成分や代謝促進成分のEGFやFGF成分などが配合された美容液を追加してください。

皮脂腺の働きにケチをつけない美容液のほうが将来の肌にはよっぽど役に立ちます。

ではどのような時に乳液やクリームを利用すればよいのでしょうか。

肌自らが作る皮脂は汗や水分と自然に混ざり合うぐらい薄いアブラでできているため、環境に左右されやすい欠点があります。

空気が乾燥してしまうと蒸発しやすい、身につけている衣類やマスクなのど繊維で吸収されやすい、お湯や石鹸で簡単に洗い流されたりします。

皮脂を分泌する再生力は備わっているのですが奪われるほうが強ければ、肌はカサカサになって荒れたり、バリア機能が低下してかゆみがでたりしてしまいます。

また、水分+アミノ酸+セラミドを補ってもすぐに乾燥してしまう時は皮脂分泌が減っている状態で年齢的な原因から皮脂腺の働きが弱っている場合もあるでしょう。

このような時は、皮脂に代わる油分が必要となりますので、乳液もしくはクリームを追加しましょう。

クリームなどをつける時はベタベタたっぷりつけるのではなく、最初は少な目、薄めで試して肌と相談しながら適量を見つけてください。

そしてスキンケアの順番も守ってください。水分+アミノ酸+セラミドを化粧水などで補ってから油分の補給です。この順番は顔に限らず手足などのボディでも同様です。

減少したり奪われているのは皮脂膜だけではありません。水分も天然保湿因子も細胞間脂質も減っています。

特に天然保湿因子は水溶性で奪われやすい成分ですのでアミノ酸は必ず補いましょう。そうすればクリームの効果がもっと活きてきます。


洗顔などで保湿成分を奪わない

洗い過ぎで肌が乾燥?

水分、保湿成分、油分などを補うだけが保湿を高めるスキンケアではありません。

肌が本来持ち合わせている保湿因子を奪わない洗顔もある意味では保湿ケアになります

補うより奪わないスキンケアを心がけたほうが将来の肌のためになります。

自ら作る皮脂、天然保湿因子、細胞間脂質に勝る成分は化粧品業界にはありません。

できる限り肌に優しいクレンジングや洗顔、ボディーソープを選んでいただけたらと願います。

油分や界面活性剤を使わなくてもメイクが落ちる商品があります。
また石鹸より洗浄力が弱い洗顔料もあります。

肌の保湿成分を大切にするスキンケアはきっとあなたの肌を幸せにします。

シルキーズが提供していますシルク入りの基礎化粧品「シーエルケイ」は、まさしく肌の保湿成分を第一に考えたスキンケア化粧品です。


まとめ、保湿というスキンケアの目的は

今回は、水分補給、補うべき保湿成分、自身のアブラを見て油分の利用、そして洗い過ぎ予防に焦点を当てながら正しい保湿ケアについて説明してきました。

保湿とはただ肌が乾燥しないようにするだけなのでしょうか?

いいえ違います。正しい保湿ケアの目的は保守的ではなく進化して肌をもっと綺麗にすることです。

これは保湿を基軸とした美の循環図です。

美の循環

1、肌の保湿を守る優しい洗顔
2、正しい保湿のスキンケア
3、ターンオーバーの正常化
4、効率よく保湿成分を生産
(天然保湿因子や細胞間脂質はターンオーバーによって作られる)

保湿というスキンケアは、補うだけでなく自ら保湿成分を生産するように仕掛け健康な肌へ導くことです


更新日:2020年11月16日
文責:スキンケア化粧品の営業歴29年
シルキーズ代表 新井貴信