夏は角栓ができやすい、角栓をつくらない洗顔対策ページへ

HOME > 肌をきれいにする方法一覧 > 角栓ケア洗顔

肌の黒いボツボツとさよなら!? 角栓を作らない洗顔とは?

色々な洗顔料

透明感とツヤのある健康的な素肌のためには、肌を黒ずませる原因となるボツボツとした黒い角栓を作らないことが重要です。

健康的な素肌を作るために、どんなケアを行えばいいのでしょうか?

 

夏は角栓ができやすい

角栓は何のためにできるのでしょうか?

皮脂は過剰に分泌されることで顔をテカらせて化粧崩れを起こさせますが、肌の潤いを保つためには必要なものです。

思春期のときは成長ホルモンの関係でどうしても皮脂を多く分泌しますが、健康的な大人の肌は、本来ならば過剰に皮脂を作りません

 

極度な乾燥状態にあったり、紫外線などによる外的ダメージなどで肌ストレスを溜めていると、皮脂のバランスは崩れやすくなります。

 

このような原因から過剰に作り出され適切なケアで取り除けなかった皮脂と、落とし切れなかったメイク汚れが混ざり毛穴に詰まることで、角栓となってしまうのです。

 

夏は冷房によって肌が乾燥しやすくなったり、紫外線の影響が大きい季節です。

そのため、肌の調子を崩しやすく余分な角栓を作ってしまいやすい状態になりやすいので注意しましょう。

 

過剰に皮脂を取り除く「シートパック」や「洗顔方法」に注意

角栓にご注意を!

 

毛穴の詰まりを気にして、頻繁にシートパックを行うとかえって毛穴を広げる原因となります。

肌に張り付いたシートをはがすとき、肌にとって必要な皮脂までも奪い去ってしまう可能性があるからです。

健康な肌に行うならまだしも、乾燥状態にある肌はとてもデリケートな状態になっているため、控えるようにしましょう

 

洗顔方法にも注意が必要です。メイク落としにオイルを利用している人は多いと思いますが、洗浄力が高いメイク落としの中には皮脂を取りすぎてしまうものもあります。

肌が本来持っている潤いの力を高めるためには、皮脂を取り過ぎないことが大切です。

洗顔後、肌のツッパリ感を感じる前にローションや美容液で保湿をしているために、自分の肌の状態に気づかないことも。

ときどきは保湿を与える前の肌の状態を確認して、異常なツッパリ感がないか調べてみるといいでしょう。

 

こんな洗顔方法がおすすめ

口紅やマスカラなどのポイントメイクを先に落としてから、約40度のぬるま湯で充分な予洗いをしましょう。

肌に負担をかけにくいタイプのミネラルファンデーションを日頃から利用していると、メイク落としがラクになりますよ。

 

半身浴や蒸しタオルで肌を温めて毛穴を開かせると、角栓ケアはしやすくなります。

開いた毛穴をきめ細かい泡で洗顔すれば、毛穴の汚れがすっきりと落ちます。

汚れを取り去った後は、肌に必要な潤い成分(天然保湿因子など)を与えることができるローションなどでしっかりと保湿をしましょう。

 

汚れが多いと、一度のケアでは落ちない場合もありますが、そんなときは日を改めて毛穴ケアを行うようにして下さいね。

 

肌に優しいSILK基礎化粧品

初めての方に、基礎化粧品お試しセット

アミノ酸でメイク落とし!クレンジングジェルシルクパウダーで洗顔!素肌ソープ

活肌アミノ酸たっぷり化粧水 素肌ローションセラミド・シルクパウダー配合の保湿液

集中ケアの基礎化粧品

野蚕シルクパウダー100%、完全無添加フェイスパウダー乾燥肌・エイジング保湿のクリーム

高濃度・10%高配合ビタミンC誘導体化粧水クレイパック洗顔

腸内から美活力を高める美肌ケア

高品質・高濃度の75オリゴ

 

▲ このページのトップへ