角栓を作らない洗顔

更新日:2021年6月9日

肌の黒いボツボツとさよなら!?
角栓を作らない洗顔とは?

色々な洗顔料

鏡を見るたびに、「はぁ~」とため息をついていませんか?

じめじめと蒸し暑い日本特有の季節になりますと、小鼻にある毛穴が黒くボツボツと現れはじめ、見たくない角栓に目がいって気分が落ち込みがちになります。

もう見たくないと無理やり取ろうとすると余計にひどくなってしまう場合があるので注意しましょう。

ソフトな角質ケア、洗い過ぎず保湿を残す、毛穴や皮脂腺を刺激しない、これらを取り入れた洗顔をおすすめします。


夏は角栓ができやすい

肌トラブル

角栓はなぜできるのでしょうか?

皮脂が過剰に分泌されることで顔をテカらせて化粧崩れを起こさせますが、肌の潤いを保つためには必要なものです。

思春期のときは成長ホルモンの関係でどうしても皮脂を多く分泌しますが、健康的な大人の肌は、本来ならば過剰に皮脂を作りません

極度な乾燥状態にあったり洗い過ぎたり、紫外線などによる外的ダメージなどで肌ストレスを溜めていると、皮脂のバランスは崩れやすくなります。

このような原因から過剰に作り出され、適切な洗顔ケアで取り除けなかった皮脂と、落とし切れなかったメイク汚れや不要な角質が混ざり、毛穴に詰まることで角栓となってしまうのです。

夏は冷房によって肌が乾燥しやすくなったり、紫外線の影響を受けやすい季節、さらにここ最近は地球温暖化による猛暑で体も肌も精神的ストレスも疲れもたまりやすい季節です。

そのため、肌のターンオーバーを崩しやすく余分な角栓を作ってしまいやすい状態になりやすいので注意しましょう。

「シートパック」や「洗顔方法」に注意

女性

毛穴の詰まりを気にして、頻繁にシートパックを行うとかえって毛穴を広げる原因となります。

肌に張り付いたシートをはがすとき、肌にとって必要な角質や皮脂までも奪い去ってしまう可能性があるからです。

健康な肌に行うならまだしも、乾燥状態にある肌はとてもデリケートな状態になっているため、控えるようにしましょう

洗顔方法にも注意が必要です。メイク落としにオイルクレンジングを利用している人は多いと思いますが、洗浄力が高いクレンジング剤の中には皮脂を取りすぎてしまうものもあります。

肌が本来持っている保湿成分は肌の調子を整えるためのもの、皮脂を取り過ぎないことが大切です。

洗顔後、肌のツッパリ感を感じる前にローションや美容液で保湿をしているために、自分の肌の状態に気づかないことも。

ときどきは保湿を与える前の肌の状態を確認して、異常なツッパリ感がないか調べてみるといいでしょう。

おすすめの洗顔料がここに

角質ケア洗顔

角栓ができる原因として、洗い過ぎによる反発で異常な皮脂分泌が考えられます。

ここは乾燥シーズンに限らず、ムシムシとした熱い季節でも肌の保湿成分を残す洗顔料をおすすめします。

それと角栓の元となる古い角質、これも毎日ケアする必要があります。

洗い過ぎを防ぎつつ、優しい角質ケア洗顔ができる商品がここにあります。

SILK素肌ソープ

アミノ酸系の洗顔料で洗浄力は抑え目、角質や毛穴ケアはシルクパウダーが請け負います。

素肌ソープの詳細へ


文責:スキンケア化粧品の営業歴30年
新井貴信