毛穴の黒ずみ対策

「毛穴の黒ずみ」は間違った洗顔で作られている!

洗顔石鹸

洗顔には気を使っているのに毛穴の黒ずみが目立つばかり!

「クレンジング剤は強さや弱さに気を使っていない」

「毛穴パックを愛用している」

「毛穴を引き締めるために、冷たい水で洗っている」

このような洗顔方法は、毛穴の黒ずみを悪化させる原因となってしまっています。

もし、当てはまるものが1つでもあれば、今日から改善することをオススメします。

そもそも、気になっているそれは黒ずみ?

女性

毛穴の部分が黒いからといって、全てが角栓の詰まりによる黒ずみとは限りません。

自分が黒ずみと思い込んでいるなかには、紫外線や刺激などのダメージによってできたメラニン毛穴の可能性もあります。

黒い部分を触ってみて下さい。ざらつくようであれば毛穴に角栓が詰まり酸化してしまった黒ずみです。

もしざらつきがなければメラニン毛穴と考えられます。

また毛穴である以上、正常な状態でも黒っぽく見えるものです。黒ずみがあると勘違いして、過剰なケアをすることで本当に黒ずみを生み出してしまうケースも考えられます。

例えば洗浄力の強いクレンジングや洗顔料をつかっている、ピーリング洗顔のやり過ぎなど。

正しいケアをするためにも、まずは自分の黒ずみがどの種類に該当するかをチェックしましょう。

毛穴の黒ずみによってケア方法は違う

肌がきれいな女性

自分の毛穴の黒ずみの原因が分かったら、その毛穴に最適な対策をすることが欠かせません。

角栓が酸化してしまい黒ずんだ毛穴には、正しい洗顔保湿を行うようにしましょう。

小さな微粒子が配合されている洗顔料を使うことで、ゴシゴシとこすらなくとも毛穴の汚れを掻き出してくれます。

この洗顔料、泡に中にはシルクパウダーが含まれており、毛穴ケアには最適です。

シルクパウダーが掻き揚げながら毛穴の汚れを取る

素肌ソープの詳細へ

洗顔後の保湿は、洗顔によって洗い流されたアミノ酸を主成分とする天然保湿因子、そしてセラミドを主成分とする細胞間脂質を補います。

油分たっぷりのクリームのつけ過ぎはかえって毛穴の黒ずみを助長するので控えましょう。油分が少ない、オイルフリーの保湿液がおすすめです。

メラニンによる黒ずみには、洗顔と保湿はもちろん重要ですが美白対策に重点を置くことが大切です。

美白成分が配合されたスキンケア化粧品でケアするようにしましょう。

プラス肌の生まれ変わる代謝リズム(ターンオーバー)を意識したスキンケアをしましょう。

毛穴パックをしすぎない!

毛穴に詰まった角栓を取り除こうと、つい毛穴パックに手を伸ばしてはいませんか?

毛穴パックを使いすぎることで、毛穴が広がる恐れがあります。毛穴が広がると汚れが入りやすくなり、さらに角栓ができやすくなるといった悪循環に繋がる可能性もあるので注意してください。

また毛穴パックを使っていると毛穴が硬くなってしまう、正常な肌をパックの刺激によって傷つけてしまう、といったことも起こるかもしれません。そうすることで、毛穴の黒ずみがより目立ってしまいます

毛穴の黒ずみケアを考えた場合、毛穴パックを頻繁に使うことは避けましょう。

こういったことから黒ずみ対策で気をつけるべきことは、洗顔の際に不必要な刺激を与え過ぎないことです。

更新日:2020年9月14日
文責:スキンケア化粧品の営業歴29年
シルキーズ代表 新井貴信