水洗顔のメリット

水洗顔!どんな肌に適している?

水洗顔でスッキリ

最近「水洗顔」が、肌トラブルの解消法として注目されています。

どのような肌質が水洗顔に適しているのか、正しい行い方と注意点を合わせてご紹介します!

水洗顔とは…?

水洗顔

水洗顔とは、洗顔料を使わず(ぬるま湯)だけで顔を洗う方法です。

洗浄力のある洗顔料を使えば、必然と肌の調子を整える保湿成分も奪われしまいますが、水洗顔の場合はこのリスクがほとんどないメリットがあります。

水洗顔に適した肌質

水洗顔の気持ちよさ

水洗顔は、乾燥肌敏感肌の方に支持されています。

洗顔料を使わないことで保湿成分や皮脂が適度に残り、肌の乾燥や刺激を防ぐことができるためです。

また、乾燥が原因で脂っぽくなるインナードライ肌毛穴の開きが気になる肌にも適してきます。

いずれも肌の水分不足が原因でこのような肌質になっているので、水洗顔がぴったりなのです。

それに対して、混合肌や脂性肌の方は注意が必要です。

皮脂が多い肌は洗顔料を使わないと、ニキビや吹き出物ができる恐れがあります。
素人目には判断が難しいですが、皮脂の多い肌の場合は洗顔料を使用しましょう。

水洗顔はいつ行うべき?

朝

朝の洗顔がおすすめ!

水洗顔を行うタイミングは、が適しています。朝は寝て起きただけですから、夜よりも肌に汚れがついていません。ぬるま湯ですすぐだけで、就寝中についたほこりなどを十分に落とすことができますよ。

夜は洗顔料を使った洗顔をしてOKです。しかし乾燥が極端に酷い肌、水すら刺激に感じる肌には、夜も水洗顔をおすすめします。

このような肌は洗顔料が刺激となってしまうので、水洗顔で様子を見たほうが良いでしょう。

ただし日中メイクをしている人は、必ず夜にクレンジングを行ってくださいね。

クレンジング商品は優しいものに限ります。

ミルクやクリームタイプもいいですが、もっと肌に優しい界面活性剤不使用で肌に近いアミノ酸でメイクを落とすSILKクレンジングをおすすめします。

おすすめのクレンジング

クレンジングジェルの詳細へ


水洗顔の行い方

洗顔後の女性

水洗顔の基本的な方法

1.手を石けんでしっかり洗う

手には菌や汚れがたくさん付着しています。爪や指の間もしっかりと洗っておきましょう。

2.ぬるま湯で20~30回顔をすすぐ

洗うというより、水を当ててすすぐイメージで行いましょう。

水の温度は乾燥肌だと20~30℃、それ以外の肌は30~34℃のぬるま湯が適しています。ベタつきが気になる部分は、やや多めにすすぎましょう。

3.タオルで水分を取る

濡れた肌はとても傷つきやすいので注意が必要です。決して肌を擦らず、タオルを当てて水分を取るだけでOKです。

水洗顔後は、特にスキンケアをする必要はありません。乾燥を感じてしまう場合、顔を洗い過ぎている恐れがあります。すすぐ回数を減らして様子を見てみましょう。

どうしても気になる方は、肌が持つ成分が配合された肌に優しい化粧水などでうるおいを与えてあげてください。

洗顔料などで肌トラブルにお悩みの方は、ぜひ水洗顔で肌の調子を整えてみて下さいね。

更新日:2020年9月14日
文責:スキンケア化粧品の営業歴29年
シルキーズ代表 新井貴信