オイリー肌対策

オイリー肌のための洗顔講座

オイル肌に悩む女性

肌には、敏感肌や乾燥肌、混合肌などさまざまな肌タイプがあります。

中でも、化粧浮きや肌荒れが多くて化粧をするのも億劫になってしまうのがオイリー肌

オイリー肌は皮脂の分泌が盛んなので、敏感肌や乾燥肌と同じようなスキンケアを行うと、自身でも肌の息苦しさを感じるほど皮脂が分泌してしまうこともあります。

オイリー肌には、どのような洗顔方法が適しているのでしょうか?

今回は、オイリー肌のための洗顔講座を紹介します。

オイリー肌の特徴と肌トラブル

オイリー肌は肌表面の皮脂量が多い状態のことで、季節関係なく常にテカりやすく肌荒れが治りにくいことが特徴です。

肌の画像

毛穴が開きやすく閉じにくいのでお肌のキメも荒くなりやすく、化粧がすぐに浮いてしまうことや毛穴の開きがなかなか改善されないことで悩まれる方が多くいらっしゃいます。

また、皮脂が毛穴に詰まりやすく汚れも多く付着するので、ニキビや肌の炎症などが出来やすく、なかなか治らないという所もオイリー肌の難点。

男性に多いイメージがありますが、ストレスや睡眠不足によって交感神経が刺激され、皮脂分泌に大きく関わっている男性ホルモンが多く分泌されてしまうと、女性でもオイリー肌になってしまう方はいらっしゃいます。

もう大丈夫! サラサラ肌にする洗顔アイテムはこれ

タオルで拭いている女性

オイリー肌には、オイリー肌が求めているスキンケア方法を行わなくてはなりません。

化粧崩れに悩まされず、サラサラとした肌を手に入れるためにも徹底したスキンケアを行いましょう。

この徹底とは、分泌された皮脂を完全に取り切ってしまうということではありません。

皮脂腺に刺激を与えないスキンケア洗顔の徹底です

皆さん、知らず知らずのうちに皮脂腺に刺激を与えていませんか?

クレンジング編

今ご使用のクレンジング、どんなものをお使いですか?

色々なクレンジングが出回っていますが、商品によってはオイルが多く入っていたり、界面活性剤の配合量が多かったり、メイクオフに差があり、テクスチャや使用方法に違いがあったりと様々なものがあります。

オイリー肌の時はオイルが入っていないクレンジングを選びましょう

皮脂腺が分泌される皮脂、アブラですがクレンジングに含まれる油分とはまったく性格が違います。

皮脂腺が過剰に反応することもあります。

また油分入りのクレンジングはその分界面活性剤も多く、洗浄力に優れています。

皮脂を根こそぎ取れば取るほど防衛反応が活発に働き、かえって皮脂分泌が盛んになります。

メイクを落とす時は、毛穴にたまった皮脂を取らなければと意識するより皮脂腺に刺激を与えないことに意識を集中しましょう

商品選定の最低基準は「オイルフリー」です。

さらに基準を上げるなら、界面活性剤が配合されていないものをおすすめします。

界面活性剤は乳化作用や洗浄作用に優れている反面、皮脂も必要以上に洗い流し、結果的に皮脂腺を刺激することになります。

シルキーズのSILKクレンジングジェルをおすすめします。

肌・毛穴・皮脂腺に優しいアミノ酸クレンジング。

界面活性剤や油分を使ってはメイクは落としません。

肌を構成していてるアミノ酸「アルギニン」でメイクを落とします。

SILKクレンジングジェル

クレンジングジェルの詳細へ

 

洗顔編

オイリー肌の方は、汚れも皮脂もしっかり落とす洗顔料を選ばれる方が多いはずです。

しかし、顔の皮脂を全て落とすほど洗浄力のあるものを使用すると、洗顔後に肌が乾燥してカサつき、そのカサつきを補うように大量の皮脂が分泌されてしまいます。

クレンジング編で申し上げたことと同じです。

洗い過ぎは皮脂腺に刺激を与える

このキャッチコピーを肝に銘じて日ごろから洗顔をしましょう。

では具体的な洗顔料は何を?

純石鹸、もしくはアミノ酸系の洗顔料です。

洗いあがりはさっぱり系が好きな方は石鹸を、しっとりすべすべ系を好む方はアミノ酸系をお選びください。

洗浄力は石鹸以下(石鹸を含む)を目安に、アルコール、香料、石油系の界面活性剤が入っていないものですが、洗顔の場合は商品選びより、洗顔の仕方に注意してください。

けっして毛穴付近をゴシゴシ圧をかけて洗わないこと。

洗顔

泡を転がすように優しく優しく洗いましょう

これが毛穴、皮脂腺に刺激を与えないコツです。

そして熱いお湯や冷たい水ではなく、ぬるま湯で毛穴を刺激せずに泡をきちんと洗い流し、拭き取る際もゴシゴシと擦らないように気を付けてください。

 

オイリー肌対策の洗顔の復習

皮脂を取ってさっぱりするより、皮脂腺に刺激を与えない洗顔に心がけましょう。

洗顔方法を変えたからといって急に肌質が改善される訳ではありませんが、肌のこと、毛穴のこと、そして皮脂腺のことを思いやってスキンケアを続ければ、きっといつかは応えてくれるはずです。

更新日:2020年9月15日
文責:スキンケア化粧品の営業歴29年
シルキーズ代表 新井貴信