洗顔美肌講座、夏こそ潤いを残す!対策ページへ

HOME > 肌をきれいにする方法一覧 > 夏のサマー洗顔法

夏の肌の洗顔方法「ポイント5つ」

洗顔石鹸

夏肌のキメは洗顔で決まる

夏は汗や皮脂が気になって、ついつい洗顔に力が入りがち。
しかし必要以上に洗っていると、乾燥による肌トラブルやシワを招いてしまいます。
今回は適度に潤いを残す正しい洗顔方法をご紹介します。この夏は暑さにまけない肌力を維持してください。

1.洗顔回数を守る

夏の肌は汗や皮脂でベタつきがち。「すっきりしたくて洗顔回数を増やしてしまう…」という人も多いのでは?

しかし洗顔回数は朝晩の2回のみで十分です。それ以上に増やしてしまうと、肌の大切なバリア機能や潤いを奪い取ってしまいます。

 

また、夏の肌は強い紫外線で知らず知らずのうちにダメージを受けています。その状態のまま何度も洗ってしまうと、皮膚の角質が剥がれ、トラブルを起こしやすい未熟な肌となってしまうのです。

そして未熟な肌から今度は防衛反応により角質肥厚へ!秋は肌荒れになります。

 

汗や皮脂が気になる時は洗顔ではなく、ハンカチタオルで優しくふき取るだけにしておきましょう。

2.水の温度に注意

夏は冷たい水で顔を洗うと気持ちが良いものです。しかし冷たい水では汚れが落ちず、皮脂が残ってしまう場合も。皮脂を落とし過ぎるのも危険ですが、落とし過ぎないのも問題があるのです。

余分な皮脂が残るとマラセチア菌がそれを餌として繁殖し、かゆみ湿疹に繋がる恐れがあります。

 

ですから、洗顔には30~34℃のぬるま湯を使用しましょう。熱いお湯ではかえって皮脂を奪い過ぎて乾燥を招くので、この程度の温度を目安にして下さいね。

3.肌を傷つけないように洗う

キメ細かい泡

優しい洗顔料を!

きめ細かい泡を使うことは、洗顔の基本中の基本です。泡がクッションとなり、肌を傷つけずに顔を洗うことができます。そのうえ泡が汚れや皮脂を吸着してくれるので、きちんと汚れを取り除くことができるのです。

 

また、泡の密度にも注意しておきましょう。洗顔料をたくさん使うと密度の濃い泡ができますが、その分洗浄力が強くなります。洗顔料は適量を守り、潤いを奪い過ぎない泡を作ることが大切です。

 

毎回泡立てるのが大変と感じる方は、泡立てなくてもしっかりと汚れを取り除いてくれ、かつ肌に優しい洗顔料を選ぶことをオススメします。

 

洗顔ソープ

スベスベ潤い型の洗顔料

弱酸性の潤い重視のアミノ酸系の洗顔料です。

洗い過ぎを防ぎながらも、泡に含まれるシルクパウダーが余分な古い角質や毛穴の汚れを優しくしっかり落とします。朝の洗顔におすすめです。

詳細はこちら

4.こすらず丁寧に

夏の洗顔

肌への摩擦は避ける!

洗顔時の濡れた肌は非常に柔らかく、角質が剥がれやすい状態です。そのまま擦ってしまえば薄く弱い肌になり、ニキビができやすくなったり、敏感肌になってしまう恐れがあります。

洗顔時の摩擦は絶対に厳禁だと考えて、優しく丁寧に行ってくださいね。

 

そして、洗顔終了後の水分の拭き取りにも注意が必要です。決して肌をこすらず、清潔かつ柔らかいタオルで押さえる程度にしましょう

5.洗顔後の保湿も忘れずに

「夏は保湿なんかしなくても大丈夫」なんて思っていませんか?

それは大きな間違いで、夏の肌は乾燥の危険にさらされています。クーラー紫外線など、肌を乾燥させる原因がたくさん溢れているのです。夏もしっかり保湿をして、シワやトラブルを招かない肌に整えましょう。

 

ベタつきが気になるなら、油分より肌の水分量に着目を。保水効果の高い化粧水をたっぷり与えて、少量の乳液で蒸発を防いであげましょう

水分量を調整する成分は「アミノ酸」、「セラミド」、「コラーゲン」などです。

 

夏の肌はダメージを受けやすい状態になっています。

5つのポイントを押さえて、肌を労わる洗顔を行ってくださいね。

 

肌に優しいSILK基礎化粧品

初めての方に、基礎化粧品お試しセット

アミノ酸でメイク落とし!クレンジングジェルシルクパウダーで洗顔!素肌ソープ

活肌アミノ酸たっぷり化粧水 素肌ローションセラミド・シルクパウダー配合の保湿液

集中ケアの基礎化粧品

野蚕シルクパウダー100%、完全無添加フェイスパウダー乾燥肌・エイジング保湿のクリーム

高濃度・10%高配合ビタミンC誘導体化粧水クレイパック洗顔

腸内から美活力を高める美肌ケア

高品質・高濃度の75オリゴ

 

▲ このページのトップへ