角質肥厚とは

更新日:2021年5月11日

角質肥厚の原因と対策

私達の体を守っている皮膚、その最前線で防御しているのが角質層です。

死滅した細胞が14層ほど重なりあった層で、厚さはなんと0.02㎜(※)と言われています。
※足裏や部位によって厚さに違いはあります

0.02㎜がどれくらいの厚さかと例えるならラップぐらいの薄さになります。

角質層の薄さ

角質細胞は上へ上へと押し上げられながら不要になった角質細胞は剥が落ち、その後には新しい角質細胞に差し替えられ0.02㎜という薄い角質層を維持しています。

しかし何らかの原因で、古いものから新しいものへ入れ替わるサイクルが乱れて不要になった角質細胞が残ったまま積み重なっていくと徐々に角質層が分厚くなります。この状態を『角質肥厚(かくしつひこう)』と呼びます。

角質層の変化、分厚い角質見本

足裏やかかと部分、肘や膝などはなりやすく、カサカサしているので見た目でも角質肥厚になっていると分かりますが、毎日お手入れをしている顔も知らず知らずのうちに角質肥厚になっていることがあります。

悩む女性

0.02㎜0.04㎜に、ラップが2枚重なっても薄いので気づきにくいでしょうが、ここ最近、肌が乾燥している、くすんで見える、化粧のりが悪い、化粧水が浸透しない、キメが粗い、毛穴の汚れが目立つ、このような場合は角質肥厚を疑ってください。

角質肥厚の原因を探る

肌をとりまく環境は外敵だらけ!

痛みを感じないので気づきはしませんが、一日を振り返っても肌は何かの刺激を必ず受けています。

色々な刺激で不要な角質が作られるイメージ

例えば、紫外線、お化粧、摩擦、エアコン社会による空気の乾燥や屋内外の温度差、ほこりや花粉、静電気、酸化現象など。

これらの刺激に対抗する為、角質層はバリア力を高め、その副産物として一日が終わった肌には不要な角質がいっぱい産出されます。

役割を終えた角質たち

本来なら役目を終えた角質細胞は、洗顔や肌のターンオーバーによって剥がれ落ちるのですが・・・。

ターンオーバー

何故古い角質が残ってしまうのでしょうか?

生活習慣の乱れ、肌に刺激を与えるNGスキンケア、紫外線、ストレスなどによってターンオーバーが乱れていると考えらます。

特に指摘したいのは、肌の上層部の角質細胞の生まれ変わりがスムーズにできていないこと!

直接的な原因は間違ったスキンケアにあります。何故なら角質のケアはスキンケアの範囲であるからです。

こんなスキンケアをしていませんか?

帰宅後はリフレッシュが第一、メイクが簡単に素早く落ちるのがいい、洗浄力の強いクレンジングがいいと思って使っている。

簡単に泡ができる洗顔料を使っている。

圧をかけて洗顔をしないと気がすまない、また汚れが落ちないと思っている。

毛穴の汚れが気になるから、そこの部分を何度も何度も擦って洗っている。

入浴中に湯舟の温度と同じ熱めのお湯でしかもシャワーを直接当てて洗顔をしている。

お風呂上り、タオルを擦りながらふいている。

洗顔後は化粧水をパチパチたたいて補ったり、擦ってつけている。

ツッパリ感も肌の乾燥も気にならないのに油分たっぷりのクリームを睡眠前にベタベタつけている。

これらは『洗い過ぎ』、『肌のこすり過ぎ』、『保湿のやり過ぎ』という典型的なNGスキンケアです。


角質肥厚から色々な肌トラブルに

角質が分厚くなると色々な肌トラブルに見舞われます。

【毛穴目立ち】
角質肥厚の毛穴
角質肥厚になると、毛穴の出口が広がって目立ったり、毛穴の溝が深くなって皮脂が溜まりやすい状態に、そこに角質ゴミと混ざって角栓ができ毛穴の黒ずみへと進展していきます。


【シミができやすい】
角質肥厚の状態が続くと、ターンオーバーが鈍くなります。
紫外線などで出来たメラニン色素がスムーズに排泄されまずシミとして残ってしまいます。 

【乾燥性敏感肌】
角質が厚くなると角質層に存在する天然保湿因子(NMF)やセラミドが不足しインナードライ肌へ。また水分不足によりバリア機能の低下で敏感肌へと進展します。


正しい角質ケア洗顔で角質肥厚にさせない

ではできてしまった角質肥厚をどのようにして治していけばよいのでしょうか。

まずは角質ケア専用のピーリング洗顔を使って、こびり付いた硬い角質を取り除きましょう。

ピーリング

一旦不要な角質を取り、リフレッシュした肌にしましょう。

問題はこの後です。

見た目は解消できていますが、原因が取り除かれてない限りまたぶり返して角質肥厚になる恐れがあります。

週に1度ほどピーリング洗顔するのもありですが、これを続けて敏感肌になっては元も子もありません。

角質を取り過ぎるとバリア機能が弱る!イメージ肌

ピーリング洗顔をした翌日でも不要になった角質は産出されます。

頑固な角質を取り除いた後は、肌に優しいソフトな角質ケア洗顔でその日にできた不要な角質だけを取りましょう

決して “必要な角質は取らない”、これが鉄則です。


おすすめの洗顔料

石鹸より優しい洗顔料

繊細な角質ケア洗顔

SILK素肌ソープ

素肌ソープ

洗顔後は新鮮な角質層へ!

優しい洗浄力ながら角質ケアはしっかりこなす洗顔料です。

泡の中には、シルクパウダーと複合アミノ酸やミネラル、天然系の保湿成分がたっぷり含まれさらにマイルドに!

洗顔後は潤いと透明感のある肌が実感できます。

素肌ソープの詳細へ


文責:スキンケア化粧品の営業歴30年
新井 貴信