角質肥厚とは

角質肥厚とは

私達の体を守っている皮膚、その最前線で防御しているのが角質層です。

死滅した細胞が14層ほど重なりあった層で、厚さはなんと0.02㎜(※)と言われています。
※足裏は除く

0.02㎜がどれくらいの厚さかと例えるならラップぐらいの薄さになります。

角質層の薄さ

体の生理機能には古いものから新しいものへと入れ替わる新陳代謝がありますが、角質層もまた不要になった角質細胞を剥がし新しい角質細胞に差し替える新陳代謝があり、この生理機能によって角質層は0.02㎜という薄さを維持しています。

角質肥厚とは、0.02㎜という薄くできている角質層が0.02㎜以上に分厚くなっている状態のことで、原因は紫外線やこするなどの物理的な刺激から肌を守る防衛反応、つまり肌を強固にすることで起こる症状です。

角質層の変化、分厚い角質見本

足裏やかかと部分、肘や膝などはなりやすく、カサカサしているので見た目でも角質肥厚になっていると分かりますが、毎日お手入れをしている顔も知らず知らずのうちに角質肥厚になっていることがあるのです。

悩む女性

0.02㎜0.04㎜に、ラップが2枚重なっても薄いので気づきにくいでしょうが、ここ最近、肌が乾燥している、くすんで見える、化粧のりが悪い、化粧水が浸透しない、キメが粗い、何度も再発するニキビ、毛穴の汚れが目立つ、このような場合は角質肥厚を疑ってください。

顔にできる角質肥厚の原因を探る

肌をとりまく環境は外敵だらけ!

痛みを感じないので気づきはしませんが、一日を振り返っても肌は何かの刺激を必ず受けています。

色々な刺激で不要な角質が作られるイメージ

例えば、紫外線、お化粧、摩擦、エアコン社会による空気の乾燥や屋内外の温度差、ほこりや花粉、静電気、酸化現象など。

これらの刺激に対抗する為、必要以上に角質細胞を作って防衛力を高めていきます。

その副産物として一日が終わった肌には、不要な角質がいっぱい産出されます。

役割を終えた角質たち

本来なら役目を終えた角質細胞は、垢となって自然に剥がれ落ちるのです。

しかし、何故きれいに剥がれおちないのでしょうか?

毎日洗顔をし化粧水やクリームを補ってお手入れしているにも関わらず!?

洗い過ぎ

普通なら洗顔によって古い角質は汚れと一緒に洗い流されるはずです。

しかし肌の再生能力の限界を超えた洗浄は、逆に角質肥厚の原因を作ってしまうのです。

洗顔料には必ずと言っていいほど界面活性剤が入っています。

こちらの「肌の保湿成分は奪われる!」のページでも解説していますが、洗顔をすればするほど、また洗浄力の強いクレンジングを使えば使うほど、角質内の保湿成分が奪われます。

ターンオーバーの潤滑油

角質内にある天然保湿因子や細胞間脂質は保湿機能だけでなく、ターンオーバーの潤滑油的な働きも担っているのです。

もしこれらが不足するとどうなる?エンジンオイルが少なすぎてオーバーヒートした車のようなもの。

車トラブル

過保護な保湿

よくありがちなのがクリームのつけ過ぎです。特に乾燥肌の方は要注意です。

肌が乾燥するからクリームをつけたい気持ちはお察ししますが、クリームに含まれる油分が月日とともにジワジワと角質内に留まり、古い角質の剥がれ落ちを妨害しているのです。

肌トラブル

古い角質が残れば肌の乾燥度も増します。乾燥肌がひどくなればクリームの頻度も量も増えます。

また蓄積した角質を強引に落とせば、同時に必要な角質も一緒に落とされます!

その後にまっているのはリバウンド、負の連鎖は止まりません。

体調の乱れ

「皮膚は内臓の鏡」と言われています。体調の乱れは皮膚の乱れとなり、肌のターンオーバーにも影響を与え古い角質がそのまま残ってしまいます。

女性に多い便秘、冷え性、貧血、ホルモンバランスの乱れもまた角質肥厚の間接的な原因になります。

このように色々な要素が絡み合いながら角質肥厚の習慣癖がつくと、乾燥肌はもちろんのこと、毛穴を塞ぎニキビを助長したり、毛穴を目立たせたり、シミやしわができやすくなるなど、肌トラブルの根源となります。


角質肥厚から色々な肌トラブルに

角質が分厚くなると色々な肌トラブルに見舞われます。

【毛穴目立ち】
角質肥厚の毛穴
角質肥厚になると、毛穴の出口が広がって目立ったり、毛穴の溝が深くなって皮脂が溜まりやすい状態に、そこに角質ゴミと混ざって角栓ができ毛穴の黒ずみへと進展していきます。

【ニキビができる】
ニキビ
角質肥厚が原因で毛穴が詰まり、ニキビへと進展していきます。

【シミができやすい】
角質肥厚の状態が続くと、ターンオーバーが鈍くなります。
紫外線などで出来たメラニン色素がスムーズに排泄されまずシミとして残ってしまいます。 

【乾燥性敏感肌】
角質が厚くなると角質層に存在する天然保湿因子(NMF)やセラミドが不足しインナードライ肌へ。また水分不足によりバリア機能の低下で敏感肌へと進展します。


正しい角質ケア洗顔で角質肥厚にさせない

ではできてしまった角質肥厚をどのようにして治していけばよいのでしょうか。

まずは角質ケア専用のピーリング洗顔を使って、こびり付いた硬い角質を取り除きましょう。

ピーリング

一旦不要な角質を取り、リフレッシュした肌にしましょう。

問題はこの後です。

見た目は解消できていますが、原因が取り除かれてない限りまたぶり返して角質肥厚になる恐れがあります。

週に1度ほどピーリング洗顔するのもありですが、これを続けて敏感肌になっては元も子もありません。

角質を取り過ぎるとバリア機能が弱る!イメージ肌

ピーリング洗顔をした翌日でも不要になった角質は産出されます。

頑固な角質を取り除いた後は、肌に優しいソフトな角質ケア洗顔でその日にできた不要な角質だけを取りましょう

決して “必要な角質は取らない”、これが鉄則です。


おすすめの洗顔料

石鹸より優しい洗顔料

繊細な角質ケア洗顔

肌の代謝を目覚めさすシルクの角質ケア洗顔

SILK素肌ソープ

素肌ソープ

洗顔後は新鮮な角質層へ!

石鹸より弱い洗浄力ながら角質ケアはしっかりこなす洗顔料です。

泡の中には、シルクパウダーと複合アミノ酸やミネラル、天然系の保湿成分がたっぷり含まれさらにマイルドに!

洗顔後はワントーン明るく透明感のある肌が実感できます。

素肌ソープの詳細へ


更新日:2020年11月25日
文責:スキンケア化粧品の営業歴29年
シルキーズ代表 新井貴信