バリア機能とは

肌のバリア機能とは

肌のバリア機能

肌のバリア機能とは、外界と接している肌表面の角質層が、化学物質、細菌、ほこりなど異物侵入を防ぐ働きと、一方では肌内の水分が蒸発しないように保湿を保つ働き、侵入防御蒸散防護で肌を守っている働きのことです。


バリア機能を担っている保湿因子

角質層には「3大保湿因子」と呼ばれれるバリア成分が存在しています。

肌の3大バリア成分

1、皮脂膜
皮脂腺が分泌させる脂と汗腺から分泌される汗が混ざり合ってできる皮脂膜は肌表面を覆いながら水分の蒸発を防いだり、常在菌をコントールする保護膜で自分の肌に一番適した「天然クリーム」と言われています。

2、天然保湿因子(NMF)
角質細胞の中にあるアミノ酸類、PCA、乳酸、尿素、クエン酸塩など、保湿因子の総称を「天然然保湿因子」と呼んでいます。水溶性の保湿因子で、水分を取り込むことで細胞の形を整え、規則正しい重なりと陳列でバリア機能を築いています。

3、細胞間脂質
角質細胞の隙間に存在する脂溶性の保湿因子。セラミド、コレステロール、遊離脂肪酸などで構成され細胞同士をつなぎ合わせる接着剤の役割を果たして強固なバリア層を作り上げています。


バリア機能が低下すると

3大保湿因子が減少

バリア成分である3大保湿因子が何らかの原因で減少してしまうと、水分は蒸発、角質細胞の形はゆがみ、モルタルはなく隙間だらけ、このようね状況ではちょっと刺激にも反応して敏感肌になってしまいます。

ヒリヒリする、かゆい、カサカサ、化粧水がしみるといった症状が現れてきます。


バリア機能が弱った時は

兎に角肌への刺激を避けながら保湿を入念にするようにしましょう。

洗い過ぎで肌のバリア成分を奪っていませんか。
特にクレンジングは要注意です。メイクを薄くして洗浄力の弱いクレンジングで様子を見るとか、石鹸でも落とせるミネラルファンデに切り替えるなどして優しい洗顔に心がけてください。

洗顔をしている時、睡眠中の寝返り、メイクをする時、マスク、無意識のうちに肌を触っているなど、ちょっとした行動が摩擦刺激になります。
改善できることがあれば一つ一つ対策をしていきましょう。

保湿につきましては「セラミド成分」を補いましょう。

セラミドは保湿力に長けた成分でバリア機能の半分以上を担っている成分です。

補う時は数回に分けて重ねつけをしてください。

まずは角質内の保湿環境を整え、その後にワセリンやクリームなどで水分が逃げないようにしてください。

一週間ほど対策をして、上向き傾向になってもそのまま継続して続けましょう。肌質を変えるには最低でもひと月以上は必要です。


皮脂分泌が盛んでオイリードライの場合

ベタツキによるかゆみや赤みが出た時もバリア機能が弱っているとみていいでしょう。
原因は皮脂の酸化かもしれません。

この場合でも洗い過ぎには注意してください。取れば取るほど皮脂腺に刺激を与えるだけです。

ベタツキが気になる時は、コットンに化粧水を染み込ませ、擦らず優しく抑えながら取り除いたり、シルクパウダーなどを活用しながら、ベタツキと酸化を抑える対策をしてください。

シルクは肌に優しいだけでなく酸化を抑える優秀な天然素材で、肌のバリア機能を援助してくれます。


更新日:2020年9月29日
文責:スキンケア化粧品の営業歴29年
シルキーズ代表 新井貴信