黒ずみ毛穴がきれいに

更新日:2021年7月12日

毛穴の黒ずみはアルカリ性ジェルのクレンジングで優しく除去!

小鼻周辺にある毛穴の黒ずみやぶつぶつが取れない!

だからといって肌や毛穴のことを思えば強引に取るのは避けたいと思っている方には必見の内容になっています。

一番よく試される方法としてはオイルクレンジングかと思いますが、シルキーズでは毛穴の角栓や黒ずみ除去はアルカリ性ジェルのクレンジングを使って優しくとる方法をおすすめします。

推奨する理由は!

その一
角栓は酸性、アルカリ性で中和分解してとる
角栓除去

その二
アルカリ質は角質や角栓を柔らかくする

その三
強い洗浄力や強引な除去ではなく、自然科学を利用した正法なので肌や毛穴に負担を与えない

では詳しく解説していきます。


角栓・毛穴の黒ずみは酸性、だからアルカリ性を!

毛穴の黒澄とキッチンの油汚れ

小鼻にある頑固な毛穴の黒ずみやぶつぶつを例えるなら、キッチンによくある点々としたアブラ汚れのようなものです。

こびり付いたアブラ汚れ、洗剤(界面活性剤)を使ってもきれいに除去しきれない経験をしたことはありませんか。

そんな時、どうやってアブラ汚れを取ればよいのでしょうか?

実は簡単に除去できる方法があります。重曹を使えばいいのです。
この動画を見れば一目瞭然。

カギはアルカリ性であること

酸化して黒くなったアブラ汚れ、実は酸性になっています。そこにアルカリ性の成分を混ぜれば中和する過程で汚れが分解され簡単にとれるという訳です。

この原理をそのまま毛穴の洗浄に活かせば課題は解決できます。

濃密禍した皮脂と角質細胞が混ざった角栓は酸性状態になっています。そこにアルカリ性の洗浄成分を加え中和、分解して落とすのです。

しかし疑問が?

アルカリ性の洗浄剤なら石鹸でも落ちるはず、でも角栓や黒ずみが取れないから悩んでいるのですが・・・。

確かに石鹸はアルカリ性ですが、泡となって水分を含むとその機能性は弱ります。

肌表面には酸性成分の皮脂があるのでなおさら中性になって角栓処置まで手がまわりません。

それに対し、形状も機能性も崩れないジェル状なら、洗浄している時間帯はアルカリ性を維持したままで、酸性になっている角栓や毛穴の黒ずみを中和し、除去できやすい状態にします。

またジェル特有の乳化、汚れと馴染んで浮かび上がらせる機能性も石鹸の泡とは各段に違います。


毛穴の黒ずみを効果的にとる方法

こびり付いた毛穴の黒ずみを効果的に除去するには、まず硬くなった角栓を柔らかくする必要があります。

ここでもアルカリ性が役に立ちます。

温泉

アルカリ質の温泉につかると肌がつるつるになることから「美肌の湯」と呼ばれています。 これは古い角質を柔らかくしてとるからです。
参考:酸性の温泉とアルカリ性の温泉が肌に与える効果 - 美玉の湯

角栓の7割程度が角質、アルカリ成分をじわじわ浸透させれば柔らかくなります。

この理屈を踏まえてアルカリ性ジェルの効果的な使い方を説明します。

まずはメイクを洗い流します。

ここでは通常つかっているクレンジングでもいいですし、普通か薄めのメイクならアルカリ性ジェルクレンジングでも大丈夫です。

毛穴の黒ずみができやすい小鼻にジェルを載せて伸ばします。

ここで2.3分ほど放置させた後、指の腹で優しくクルクル円を描くようにマッサージしてからジェルを洗い流してください。

1回で効果が出てとれればよいのでが、オイルクレンジングを使っても取れない場合は相当な頑固な角栓、1.2週間ほど根気よく試してください。

【注意点】
決してゴシゴシ擦っての毛穴洗顔は避けてください。摩擦は結果的に角栓を作る原因となりますので。


肌は酸性、アルカリ性で大丈夫

健康な肌は弱酸性だからアルカリ性で洗顔をしても大丈夫でしょうか?という心配があります。ですが、肌にはアルカリ中和能という働きがあり酸性物質をだして元の状態に回復させます。
参考:アルカリが肌にいいわけ

しかしながら洗顔後は時間を置かずに弱酸性の化粧水を補いpH調整をするのがベストなケアです。


毛穴の黒ずみケアにおすすめのクレンジング商品を紹介

今回の記事で度々あがっているアルカリ性ジェルの商品を紹介します。

アルギニンというアルカリ性のアミノ酸を利用した
SILK(シーエルケイ)クレンジングジェル」です。

油分も洗浄界面活性剤もフリー、98%がシルクほか保湿成分から作られた低刺激な商品です。

アルカリ性の洗浄剤は、皮脂のとり過ぎが懸念されます。

しかしこのSILKクレンジングジェルは、洗浄剤を配合しておりません。保湿成分であるアミノ酸が洗浄成分の代役をしていますので、皮脂をとり過ぎることはありません。

silkクレンジングジェル


最後に一言
この記事は、
「あんなに悩んでいた毛穴のぶつぶつ、何を試してもダメったのにどうして取れたの?」
というお客様の体験談とご質問の回答を元に解説いたしました。

人によっては角栓や毛穴の黒ずみが形成される経緯だったり、色素沈着によるメラニン毛穴、肌質などの違いで効果がでない場合もありますのでご了承ください。


文責:スキンケア化粧品の営業歴30年
新井貴信