毛穴のトラブル

更新日:2019年9月28日

角栓が取れない?
強引に取るとひどくなるばかり!

角栓が気になる

メイク落としや洗顔は丁寧に、保湿はこまめに補い、スキンケアには人一倍気を使っているのに、なぜか角栓ができるし、なかなか取れない!なんで?

原因は色々あるでしょうが、私がみる大きな原因は『強引さ』にあります

さらに掘り下げるなら、強引さに気づいていないことが角栓を悪化させているのです。

角栓ができる仕組み

角栓がどのようにしてできるのか見ていきましょう。

毛穴の奥には皮脂腺という器官があり、ここから皮脂というアブラを分泌しています。

皮脂は、本来なら非常に薄いさらさらのアブラでできています。

だから毛穴から排出されやすく、薄いアブラゆえに汗などと混ざりやすく、べとべとしない天然のクリームが作られるのです。

しかし何かの原因で皮脂腺が肥大化したり活発になると、皮脂の分泌量が過剰に増え皮脂そのものがだんだん濃くなっていきます。

濃い皮脂になると毛穴からでても広がりにくく、よって外へ排出されにくい状態となり毛穴に残ってしまいます。

こうして毛穴に溜まった皮脂は、色々なゴミを吸着してしまう性質がより強くなっていきます。

主なゴミとは剥がれた古い角質です。

本来なら剥がれた角質は洗い流されるはずなのに、糊のようにベタベタした皮脂によって付着して吸収され、より硬くなって支柱のような塊が形成されていきます。

角栓の中身が70%が角質、30%が皮脂となっているのはこのような行程になっているからです。

角栓の頭部分は空気(酸素)に触れていますので酸化して黒ずんだり硬くなって、さらに毛穴から排出されにくくなります。

角栓が作られる根本原因

角栓ができる原因は色々あるでしょうが、特に注視したいのは

1、皮脂腺の異常分泌

2、間違った角質ケア

この2点です。

なぜ皮脂腺の異常分泌が起こる?

思春期、ストレス、食生活や生活習慣の乱れ、精神的ストレスなどの影響でホルモンバランスが乱れて皮脂腺が活発になる場合もあるでしょう。

しかしこの場合でも日頃から適切なスキンケアができていれば角栓を予防することはできたはずです。

ここで今までしてきたスキンケアを振り返ってください。

皮脂腺や毛穴に刺激を与えていない自信が本当にありますか?

例えばこんなスキンケアです。

毛穴パックを使って角栓の処理をしている

パック後はキレイに取れてスッキリとした気分になったとしても、強引に取るとあとで代償がついてきます。

角栓だけでなく毛穴周りの角質細胞も剥がされ、刺激から目に見えない炎症を起こしたり毛穴を広げているのです。

イッキに角栓が取れるということはそれだけ洗浄力、吸着力が強いということでもあり、肌の保湿成分も奪われているということになります。

肌は外敵に対して無防備になっている状態、非常事態として皮脂腺が敏感に反応し異常分泌という結果をもたらすのです。

また毛穴パックでバリア機能が急激に低下したからその応急処置として保湿を過剰に補う、このギャップ、肌環境の激変もまた皮脂腺にとっては過酷であり刺激を与える行為そのものです。

角栓を強引にとればとるほど皮脂腺が活発なる、こんなスキンケアをしているのです。

クレンジングや洗顔料で角栓を取ろうとしている。

「毛穴の汚れや角栓がごっそり取れる」

と謳っているクレンジングや洗顔料、何故こんな宣伝文句が書けるのでしょうか?

よーく考えてみてください。

強い洗浄力があるからこそこのような自身たっぷりのPRが言えるのです。

クレンジングの主成分は油分と界面活性剤で構成され、強めの洗浄力になっています。

このお蔭でメイクが簡単に落ちる訳で、「落ちがいいものが良い商品」と思い込んいる方が実に多い、これもまた角栓以外にも肌トラブルへとすすむ課題なのですが・・・。

その裏では、肌を綺麗にする天然保湿因子や細胞間脂質も奪われていることに気づいてください。

肌に存在する保湿成分が奪われると水分保持能力が弱り肌細胞は乾燥し、ちょっとした刺激で炎症を起こします。

凹凸のある毛穴周辺は刺激をまともに受け炎症が起きやすい。

炎症を起こせばそれを治そうとして角質細胞が沢山作られます。

また乾燥から必要以上に角質ゴミが増え角栓の材料が増えます。

肌が乾燥すると皮脂腺が肌を守ろうとして皮脂を必要以上に分泌します。

こうして輪をかけて角栓ができる条件が整ってくる訳です。

もう一つ厄介なことがあります。

毛穴に詰まった角栓をクレンジングや洗顔料で完全に全て取り去ることはまず無理でしょう。

毛穴に残っている角栓に油分や界面活性剤が浸み込み残留してしまうことを考えなければなりません。

何度も言いますが皮脂は水と混ざり合うぐらい非常に薄いアブラです。

それに対しクレンジングに含まれる油分は、皮脂と比べれば非常に濃いアブラです。

つまり濃い方から薄い方へ浸透していく自然現象のように、取れきれなかった角栓にクレンジングの油分が染み込んできます。

さらに浸透機能にすぐれた界面活性剤が手助けをしますので角栓奥にまで油分が浸透していきます。

皮脂腺にとって、この油分は異物でしかありません。

異物を追い出そうと異常分泌をしてしまうのです。

洗浄力という強引さ、油分と界面活性剤が、皮脂の異常分泌と不要な角質をつくっていることに気づいてください。

間違った角質ケアも角栓作りを助長する

角栓ができる原因としてNG角質ケアがあります。

古い角質をとりたい!だからと言ってピーリング洗顔やスクラブ洗顔を常に使用するのは考えものです。

一時的によくても反動として返ってきて、不要な角質ができます。

不要な角質が残れば毛穴は塞がれ角栓ができます。

また角質ゴミも増え角栓がどんどん硬くなります。

「強引さ」には必ず代償がついてくることに気づいてください。

角栓を取るのではなく、悪化させない・取れやすいへ

取れにくい角栓を強引にとる、その後には代償がついてくることを説明しました。

“角栓を取る” という考え方から

『角栓の原因となるスキンケアをさける』

『取れやすいスキンケアをする』

こう意識改革をしていきましょう。

油分はできだけ避ける

化粧品には油分がつきものです。

クレンジング、化粧水、乳液、クリーム、ファンデなどには油分が配合されたものばかりです。

できればオイルフリーのスキンケアに心がけてください

クレンジングならオイルフリーが最低条件、もっとストイックになって界面活性剤フリーのメイク落とし商品にこだわってください。

おすすめのオイルフリー・洗浄界面活性剤不使用のSILKクレンジングジェル

角栓を柔らかくする、皮脂腺に刺激を与えない、洗い過ぎないメリットがあります。

ファンデーションもオイルフリーのものを、ミネラルファンデがおすすめです。

どうしてもお気に入りのファンデ(油分入り)を使いたい時は、毛穴にシルクパウダーを入れ込み下地の下地にしてからファンデをつけてください。

シルクパウダーはファンデのような落ちにくいものではありませんので、毛穴に入り込んでも心配はありませんし、シルクがもっている抗酸化作用で皮脂の酸化を抑え角栓の悪化を抑えます。

夜のスキンケア。

洗顔後はオイルフリーの化粧水や保湿液のみとします。

どうしても肌の乾燥がひどくクリームなどが必要な時は、角栓ができやすい部位はさける、できるだけ薄くつけるなど工夫してください

この時もクリームなどをつける前にシルクパウダーを気になる毛穴に集中してつけることをおすすめします。

当ショップでもシルクパウダーを紹介していますがちょっと高いです。

角栓対策だけなら安いシルクパウダーでもかまいません。

睡眠中は肌の代謝が活発になるゴールデンタイムです。

この時間を有効につかって少しでも角栓が毛穴から出るようにします。

吸収力のあるシルクならデトックス効果が期待できます。

そして翌朝、出かかった角栓や不要な角質を洗顔料を使ってしっかり洗い流しましょう。

おすすめの洗顔料、ソフトなスクラブ洗顔ができる素肌ソープ

この洗顔料にはシルクパウダーが含まれています。

シルクパウダーでソフトな角質ケア

シルクパウダーで毛穴洗浄

剥がれそうで剥がれない不要な角質を取り除き、角栓の頭部分を掻き揚げて取れやすいようにします。

オイルフリーで洗浄力は石鹸より優しいので朝用の洗顔料としておすすめです。

以上、角栓対策を説明してきました。

まずは常識のスキンケアに覆いかぶさっている “強引さ” に気づいてください。

気づきから肌に優しく角栓が取れるスキンケア世界が見えてくるはずです。


毛穴ケアの関連ページ

毛穴対策のスキンケアとは

毛穴って何?

酸性の毛穴の黒ずみはアルカリ性のジェルで優しく除去!

毛穴の黒ずみ原因から対策が見えてくる!

毛穴を綺麗にするクレンジングとは!

毛穴の洗顔は角質ケアの機能がある洗顔料を!

水分補給の詳細ページへ

メラニン毛穴の対策!

入浴しながら毛穴洗顔

毛穴の悩み解消の声、体験談集


文責:スキンケア化粧品の営業歴30年
新井貴信