メラニン毛穴

メラニン毛穴とは

メラミン毛穴の解説図

メラニン毛穴とは、シミが毛穴にできたようなもの、つまりメラニン色素が毛穴の入り口付近などに色素沈着して留まり、深さのある毛穴と重なって余計に黒く見えてしまう症状です。

毛が生えていない、毛穴部分がざらつきもなく角栓もそれほど溜まっていないのに毛穴が黒く見える時は、メラニン毛穴を疑ってください。


メラニン毛穴の原因

なぜメラニンという色素が毛穴付近に付着してしまうのでしょうか?

まず毛穴の入り口付近の壁ってバリア機能が整った角質層とは違ってとてもデリケートです。

またデリケートが故にメラニンの生成が活発になりやすいとも言えます。

毛穴のデリケートな部分

このデリケートな部分に刺激を与えていると考えられます。

その「刺激」とは何でしょうか?

紫外線もありますがいつもしているスキンケアの中にも潜んでいます。

化粧下地、ファンデーションなどに含まれている油分、界面活性剤、ポリマー、シリコーン、ワックス、染料が毛穴に負担をかけます。

また古い角質と皮脂が混ざった角栓も酸化すると過酸化脂質となって毛穴に負担を与えます。

デリケートな部分に負担を与え続けていた状況で、今度はクレンジングや洗顔料を使って落そうとする行為が追い打ちをかけます。

強い洗浄力とこする摩擦によって刺激はエスカレートするばかり。

刺激と目にみえない炎症によってメラニンが不必要に生成され、そこに細胞の生まれ変わりであるターンオーバーの乱れが重なると、必然と色素が沈着し、メラニン毛穴へとなっていきます。


メラニン毛穴を作らない・解消させるには

対処法で一番にすることはターンオーバーの正常化です。

ターンオーバーを整えるにはピーリング洗顔となる訳ですが、メラニン毛穴の場合は、角質肥厚というより、刺激によって作られた要因の方が高く、刺激のあるピーリングはかえって逆効果になることも考えられます。また敏感肌の方には不向きです。

ここはソフトな角質ケア洗顔ができるものを選び、毛穴に負担を与えないようにしましょう。

またゴシゴシこすっての洗顔も禁物、毛穴の汚れではありませんのでその点は注意して、泡のクッションを利用しながら優しく洗顔をしましょう。

優しい洗顔とソフトな角質ケア洗顔の両立こそがターンオーバーを整えるコツ、色素細胞がアカとなって剥がれ落ちるようにしましょう。

次は美白ケアです。

ターンオーバーが正常化しても恒常性によってメラニン色素の生成が活発な状態になっている場合があります。この時はシミ対策ケアと同じように美白成分を補い、メラニン色素の生成を抑えましょう。

美白有効性成分

ビタミンC誘導体
メラニンの生成を抑えるだけでなく、ターンオーバーの正常化、皮脂の分泌を抑える、酸化を防ぐなど、メラニン毛穴にはおすすめの美白成分です。

アルブチン
メラニン生成を引き起こすチロシナーゼの働きを阻害し、メラニンの生成を抑えます。

その他、メラニンの生成を抑える美白成分として、カモミラET、ハイドロキノン、トラネキサム酸、コウジ酸、マグノリグナンなどがあります。

最後は毛穴を守るケアです。

紫外線、下地やファンデーション成分、皮脂の酸化、角栓などの刺激から守るにはシルクパウダーがおすすめです。

シルクは肌に近い18種類のアミノ酸からなる天然繊維。紫外線から肌を守る、吸収と放出作用で皮脂コントール、皮脂の酸化を抑えるなどの作用があり、下地に利用することで直接受ける外的刺激から毛穴を守ることができます。

また洗顔時でも、毛穴にたまった汚れを吸着しながら洗い流しますので、洗浄力の弱い洗顔料でも毛穴がクリーンになります。

強い洗浄力は洗い過ぎとなり、ターンオーバーを乱す原因になります。これを防ぐ対策としてシルクパウダーは有効です。

【補足説明】
シルク繊維
シルク繊維は、「セリシン」と「フィブロイン」というタンパク質からできています。
それぞれ性質が異なっており、水に溶けやすいセリシンは、メラニン色素の生成に関わっているチロシナーゼという酵素の働きを阻害してメラニンの生成を抑えます。
ですから「セリシンを含んだシルクパウダー」の方がより効果的です。

メラニン毛穴は汚れがたまった黒ずみと違い色素沈着によるもの、時間がかかるかもしれませんが、肌のターンオーバーを整えるスキンケア、美白ケア、そして毛穴を守るケアで根気強く続けていきましょう。


更新日:2020年10月10日
文責:スキンケア化粧品の営業歴29年
シルキーズ代表 新井貴信