化粧品の成分

SILK化粧品の全成分解説

シルキーズのSILK化粧品は肌がもっている営みとバリア機能を整えるためのスキンケアを追究しています。

クレンジング剤や洗顔料は必要以上に潤い成分を奪わない、ローション類は、肌成分に限りなく近い成分を補うことをコンセプトにしています。

また、肌に刺激を与える旧表示指定成分(香料、パラベン、石油系界面活性剤)、アルコール、オイル、小麦由来成分は無添加のコスメです。

SILK化粧品の全成分解説

SILKクレンジングジェルの全配合成分

SILK素肌ソープの全配合成分

SILK素肌ローションの全配合成分

SILK保湿ローションの全配合成分

素肌ソープの全配合成分の説明

素肌ソープ

石鹸より優しい角質ケア洗顔料
素肌ソープの詳細へ

ココイルグルタミン酸TEA
アミノ酸と天然高級脂肪酸から作られた洗浄剤。皮膚と同じ弱酸性を示し安全性が高く心地よい肌ざわりを与えます。

コカミドDEA
天然ヤシ油から作られた原料で、起泡・増粘剤等の優れた洗浄剤。肌に対する保護作用もあります。

セテアレス‐60ミリスチルグリコール
白色から微黄色のネバネバ物質で、品質のとろみをつけたり、各成分安定作用(分離防止)に用いられます。

BG
無色、無臭の液体で保湿性を有し、適度の保湿と静菌作用があり品質の安定として利用されます。
刺激性はほとんどなく各化粧品メーカーで使われています。

ミリストイルグルタミン酸K
アミノ酸と天然高級脂肪酸から作られた洗浄剤。皮膚と同じ弱酸性を示し安全性が高く心地よい肌ざわりを与えます。

脂肪酸グリコール
乳化製品の乳化を安定に保ち品質を保持するため用います。またパール光沢付与の目的としも用います。

ソルビトール
藻、海藻、及び多くの果物(バラ科)に含まれており、グリセリンに匹敵する吸湿性があり、多くの化粧品に使われる保湿成分です。

シルクエキス・パウダー
保湿成分、シルクは家蚕より抽出。
さらに詳しい解説は活肌アミノ酸どうぞ。

乳清(ホエイ)/乳発酵液
乳酸・乳糖・アミノ酸などの有効成分をバランスよく含んでいます。利用歴史も古く古代ヨーロッパより自然療法として利用されています。ターンオーバーを整えたり、肌の酸化や美白効果も期待されています。

ヒノキチオール
ひのき・ヒバ油等から得られる成分の一種。抗菌作用を有しながらも肌にやさしく、抗炎症作用、細胞賦活作用もあります。

フユボダイジュ花エキス 
シナノキの花、もしくは葉から抽出されたエキスです。刺激緩和作用や血行促進作用などがあります。

グリチルリチン酸2K
生薬の一種である“甘草”の根から抽出した成分。解毒作用、抗アレルギー作用などを持ち、皮膚炎に効果があると言われています。

カミツレ花エキス
スカミツレの花より抽出されたエキス。抗消炎効果があり、シミ、そばかすの色素沈着を抑える働きもあります。

セイヨウオトギリソウ花/葉/茎エキス
オトギリソウ、セイヨウオトギリソウの地上部から得られたエキス。抗炎症作用、皮膚保護作用、日焼け防止作用等あり肌や髪を守ります。

ベタイン
甜菜(ビート)から精製された植物性保湿成分。安全性が高く、皮膚や髪に対しても優れた親和性をもち、お肌に潤いを与えます。

塩化Na
生体内の水分分布の重要な因子です。乳化や顔料粒子の分散予防、或いは製品粘性の調整を維持し品質を保持します。

クエン酸
天然に広く存在する酸味成分です。収斂作用やキレート作用を持ち、酸化防止やpH調整剤として使用します。

コカミドプロピルベタイン
安全性が高く、かつ使用感に優れた洗浄剤です。起泡性や粘度改良性があり洗顔料に多く使用されています。

ペンチレングリコール
適度の保湿性と抗菌力のある無色無臭の保湿成分です。グルセリンよりさっぱりした使用感で感触改良剤として使用します。

フェノキシエタノール
殺菌、抗菌作用があり、品質安定を目的に使用してます。 1%未満(0.5)

素肌ローションの全配合成分の説明

素肌ソープ

アミノ酸たっぷりの化粧水
素肌ローションの詳細へ

DPG
化粧品の伸びすべりを良くし保湿剤として用いられるべたつきが少ない水溶性成分。みずみずしい肌にするため用います。

ペンチレングリコール
適度の湿潤性と抗菌力のある無色無臭の液体。グリセリンよりさっぱりした使用感で感触改良剤として使用しています。極めて低刺激でさっぱり感のある化粧品成分です。

シルクエキス
絹(家蚕)を加水分解して得られる液。吸着性や浸透性に優れています。
※ 詳しい解説は活肌アミノ酸どうぞ。

乳清(ホエイ)
乳酸・乳糖・アミノ酸などの有効成分をバランスよく含んでいます。利用歴史も古く古代ヨーロッパより自然療法として利用されています。ターンオーバーを整えたり、肌の酸化や美白効果も期待されています。

ヒノキチオール
ひのき・ヒバ油等から得られる成分の一種。抗菌作用を有しながらも肌にやさしく、抗炎症作用、細胞賦活作用もあります。

ベタイン
甜菜(ビート)から精製された植物性保湿成分。安全性が高く、皮膚や髪に対しても優れた親和性をもち、お肌に潤いを与えます。

グリチルリチン酸ジカリウム
生薬の一種である“甘草”の根から抽出した成分。解毒作用、抗アレルギー作用などを持ち、皮膚炎に効果があると言われています。

カミツレエキス
カミツレの花より抽出されたエキス。消炎効果があり、シミ、そばかすの色素沈着を抑える働きもあります。

フユボダイジュ花エキス
シナノキの花、もしくは葉から抽出されたエキスです。刺激緩和作用や血行促進作用などがあります。

オトギリソウエキス
オトギリソウ、セイヨウオトギリソウの地上部から得られたエキス。抗炎症作用、皮膚保護作用、日焼け防止作用等あり肌や髪を守ります。

ヒアルロン酸Na
皮膚の結合繊維と細胞間をうめる基質成分。保水力が高く皮膚の弾力性を維持する保湿効果の高い生理活性成分です。

乳酸Na
皮膚角質層に存在する天然保湿因子の一つで、優れた保湿作用を持ち、肌表面の保湿、柔軟性、弾力性を高めます。

PCA-Na
皮膚角質層に存在する天然保湿因子の一つで、優れた保湿作用を持ち、肌表面の保湿、柔軟性、弾力性を高めます。

グリセリン
無色透明な水溶性の粘性のある液体。皮膚や毛髪に対する保湿性や柔軟性があり、多くの化粧品に用いられます。油脂を加水分解して生成されるグリセリン。

BG
無色、無臭の液体で保湿性を有し、適度の湿潤性と静菌作用があり、さっぱりとした使用感と安定性の目的として用いてます。

クエン酸Na
無色の液晶性粉末で、金属イオンによる沈殿防止、酸化防止、pH緩衝作用の目的で配合してます。

PEG-60水添ヒシマ油
ヒマシ油を原料として作られ、安全性の高い植物系界面活性剤で水分と油分を乳化し品質を安定に保ちます。

エチドロン酸
加水分解や酸化に強いキレート(ミネラル安定)剤で、特に鉄分に有効的に働きます。

フェノキシエタノール
殺菌、抗菌作用があり、品質安定剤として使用してます。 1%未満(0.3~0.5)

保湿ローションの全配合成分の説明

保湿ローション

天然セラミド配合の保湿液
保湿ローションの詳細へ

グリセリン
人や動物、植物や海藻などに含まれています。油脂を加水分解して生成される水溶性の粘性液体です。皮膚や毛髪に対する保湿性や柔軟性があり、多くの化粧品に用いられます。

DPG
別名プロピレングリコールで多価アルコールという分類の保湿剤す。
化粧品の伸びすべりを良くし保湿剤として用いられるべたつきが少ない水溶性成分。みずみずしい肌にするため用います。トウモロコシやりんごからも精製され、食品添加物として多くの加工食品に使用されています。

ペンチレングリコール
適度の湿潤性と抗菌力のある無色無臭の液体。グリセリンよりさっぱりした使用感で感触改良剤として使用しています。

BG
無色、無臭の液体で保湿性を有し、適度の湿潤性と静菌作用があり、品質の安定として利用してます。
合成成分ですが、刺激性がほとんどないのが特長です。

シルクエキス・パウダー
絹(家蚕)を加水分解して得られる液。吸着性や浸透性に優れています。
※ 詳しい解説は活肌アミノ酸どうぞ。

乳清(ホエイ)
乳酸・乳糖・アミノ酸などの有効成分をバランスよく含んでいます。利用歴史も古く古代ヨーロッパより自然療法として利用されています。ターンオーバーを整えたり、肌の酸化や美白効果も期待されています。

セレブロシド(天然セラミド)
7種類のセラミドを有した動物性(馬)のもの。角質層の細胞にラメラ結晶を形成し、水分の透過に対するバリアを築き、皮膚内部からの水分の蒸発を防いで肌荒れを防ぎ、皮膚本来の備えている水分保持能力を維持します。

ヒノキチオール
ひのき・ヒバ油等から得られる成分の一種。抗菌作用を有しながらも肌にやさしく、抗炎症作用、細胞賦活作用もあります。

ベタイン
甜菜(ビート)から精製された植物性保湿成分。安全性が高く、皮膚や髪に対しても優れた親和性をもち、お肌に潤いを与えます。

グリチルリチン酸ジカリウム
生薬の一種である“甘草”の根から抽出した成分。解毒作用、抗アレルギー作用などを持ち、皮膚炎に効果があると言われています。

甘草エキス
カンゾウの根から抽出されたエキス。フラボノイドが多数含まれ、美白作用、紫外線吸収作用、活性酸素抑制作用等肌の老化予防します。

ローズマリーエキス
マンネンロウの葉又は華から抽出されたエキス。主成分はタンニン、フラボノイド類で、抗菌活性作用、活性酸素消去作用を有します。

シャクヤクエキス
シャクヤクの根から抽出されるエキス。皮膚を引き締め整え、また抗チロシナーゼ活性成分があり日焼けによるシミに対しても有効です。

カミツレエキス
カミツレの花より抽出されたエキス。抗消炎効果があり、シミ、そばかすの色素沈着を抑える働きもあります。

フユボダイジュ花エキス
シナノキの花、もしくは葉から抽出されたエキスです。刺激緩和作用や血行促進作用などがあります。

オトギリソウエキス
オトギリソウ、セイヨウオトギリソウの地上部から得られたエキス。抗炎症作用、皮膚保護作用、日焼け防止作用等あり肌や髪を守ります。

ヒアルロン酸Na
皮膚の結合繊維と細胞間をうめる基質成分。保水力が高く皮膚の弾力性を維持する保湿効果の高い生理活性成分です。

キタサンガム
炭水化物を発酵させ、精製して得られる天然ガム質。増粘作用や保湿性を有し乳化粒子や顔料粒子の分散安定性を助けます。(トウモロコシ、大豆)

PCA-Na
皮膚角質層に存在する天然保湿因子の一つで、優れた保湿作用を持ち、肌表面の保湿、柔軟性、弾力性を高めます。

アルギニン
タンパク質の成分として分布するアミノ酸の一種。乾燥した表皮に水和性を回復させ肌のターンオーバーのリズムを整えます。(トウモロコシやバイオ発酵)

乳酸Na
皮膚角質層に存在する天然保湿因子の一つで、優れた保湿作用を持ち、肌表面の保湿、柔軟性、弾力性を高めます。

カルボマー
水に粘性を与える安全性の高い合成分子です。乳化粒子や顔料粒子の分散安定性を助けます。

PEG-60水添ヒシマ油
ヒマシ油を原料として作られ、安全性の高い植物系界面活性剤で水分と油分を乳化し品質を安定に保ちます。

エチドロン酸
加水分解や酸化に強いキレート(ミネラル安定)剤で、特に鉄分に有効的に働きます。

フェノキシエタノール
殺菌、抗菌作用があり、品質安定剤として使用しています。 1%未満(0.3~0.5)


文責:スキンケア化粧品の営業歴29年
シルキーズ代表 新井貴信