シルクの魅力、シルクアミノ酸対策ページへ

HOME > シルクの魅力 > シルクアミノ酸の働き

シルクアミノ酸は美や健康に役立つ

蚕

シルクはアミノ酸の宝庫

シルク(絹)は、タンパク質の繊維です。

「フィブロイン」と「セリシン」という純度の高い蛋白質、18種類のアミノ酸複合体で構成されています。

 

シルクの特長はなんと言っても人の肌に近いアミノ酸成分で構成され、生態適合性に優れているところです。

 

最近では、シルクアミノ酸という言葉が雑誌やCMなどで言われるようになり、化粧品意外にもダイエット食品や健康食品にも利用される等、注目される天然素材となりました。

 

では、シルクに含まれる18種類のアミノ酸について詳しくみてみましょう。

美肌再生を助けるシルクアミノ酸

体の生命活動には不可欠なアミノ酸。

では化粧品用としてのシルクアミノ酸の期待は?

化粧品の配合成分として利用される「シルクエキス」や「シルクパウダー」。

肌成分に近く、親和性の高い保湿成分として、抗酸化作用や紫外線カットなどの働きもあり、化粧水をはじめ乳液や石鹸、美容液の配合成分として幅広く利用されています。

さらに注目したいのが、皮膚細胞の活性化や合成力にも深く関わっているというこです。

細胞が活動するためのエネルギー源として、また皮膚細胞や天然保湿因子やセラミド、肌の張りで欠かせないコラーゲン等の自己合成力を高めるということです。

 

肌は常に生まれ変わっています。

美容業界では、「肌のターンオーバー」とよく言われ、この新陳代謝が正常に行われていれば、美肌やエイジングになると言われてます。

シルクアミノ酸は、ターンオーバーを促進する、保湿成分を合成して自ら潤い肌にする働きがあるのです。

 

各シルクアミノ酸の働き

では具体的にシルクに含まれるアミノ酸の組成率と各18種類のアミノ酸の特長を見てみましょう。 ( )内は組成率

 

1、アラニン(28.12)

肌の水分保持やコラーゲン合成に働きかけます。

栄養面では脂肪の燃焼に関わっています。

 

2、グリシン(37.15)

角質層作りに利用されるアミノ酸で肌のキメを左右すると言われれます。また肌の水分保持やコラーゲン合成に働きかけます。保湿作用、静菌作用、酸化防止作用があります。栄養面ではコレステロール低下作用があります。

 

3、チロシン(10.24)

肌の保湿成分。

栄養面では成長ホルモンやメラニンの元なります。不足すると代謝の衰えや低体温にもなります。

 

4、セリン(12.76)

肌のターンオーバーを促進するエネルギー源、皮膚の潤いを保つセラミドの原料となり、その合成に働きかけます。栄養面では脳細胞を構成する神経細胞の原料となります。

 

5、アスパラギン酸(1.50)

ターンオーバーを促進し、肌の再生に働きかけます。

栄養面では水化物を筋肉エネルギーに変化する過程を補助する働きがあり、体内の老廃物の処理、疲労回復、肝機能の促進に効果があります。

 

6、アルギニン(0.78)

くすみの改善やコラーゲンの形成で肌をうるおし、ターンオーバーを促進、そして肌老化の原因である抗酸化作用の働きもあります。栄養面ではインシュリン、成長ホルモンの分泌を補助します。

 

7、グルタミン酸(1.51)

ターンオーバーを促進し、肌の再生に役立ちます。

栄養面では知能を高めたり他のアミノ酸の合成・分解に重要な役割を果たします。

 

8、ヒスチジン(0.28)

ターンオーバーの促進、肌の潤い、血行を促進し肌色改善、抗酸化作用がありエイジング等の働きがあります。栄養面では成長に関与、神経機能の補助します。

 

9、リジン(0.39)

ターンオーバーの促進と潤いコラーゲンの形成に関与します。

栄養面では体の組織の修復や成長、脂肪の燃焼に関わっています。アミノ酸サプリメントとしてヘルペスの予防にも利用されています。

 

10、バリン(2.63)

ターンオーバーの促進と再生に関与します。

栄養面では筋肉タンパク質の主成分。脳の神経伝達物質に関与します。

 

11、ロイシン(0.59)

皮膚細胞のエネルギー源となり、ターンオーバーの促進、潤い保持やコラーゲン生成などの作用があります。栄養面では肝臓機能を補助します。

 

12、イソロイシン(0.76)

ターンオーバーの促進、潤いキープやコラーゲン生成などの作用があります。

栄養面では筋肉のエネルギー源として用いられます。

 

13、フェニルアラニン(1.00)

ターンオーバーの促進に関与します。

栄養面では脳と神経細胞の間で信号を伝達する、神経伝達物質になる必須アミノ酸です。

 

14、プロリン(0.55)

肌の潤い機能やコラーゲン生成に働きかけます。

栄養面では脂肪の燃焼に関わり筋肉のエネルギー源としても用いられています。

 

15、トレオニン(1.31)

このアミノ酸は、肌の保湿成分となります。

栄養面では肝臓への脂肪蓄積を予防する働きが有り、酵素の活性部位などを形成するのに必要です。

 

16、メチオニン(0.09)

コラーゲンの合成に関与、また抗酸化作用がありエイジング対策となります。

栄養面では血液中のコレステロール値を下げたり、活性酸素を取り除いたりする作用があります。組織再生にも関与しています。

 

17、シスチン (0.03)

肌の潤い、そして抗酸化作用の働きがあります。

栄養面では皮膚や髪の合成や、免疫系に関与し、体の抗酸化作用を助け、白血球の活性を高めます。

 

18、トリプトファン(0.31)

ターンオーバーの促進や肌の潤いに働きかけます。

栄養面では発育・成長・体重保持などに必須成分で、成長ホルモンの分泌を促します。

 

以上簡単に各アミノ酸の特長を簡単に説明しましたが、重要なのはそれぞれのアミノ酸は協力しあってその働きをなしているという点です。

 

ですからバランスよく複合的に補わないと効果は発揮されません。

これは自然界の法則でもあります。

具体的にみれば社会全体、もう少し小さく見ればある会社、もっと小さな単体をみれば家族。

みなそれぞれの役割がありそして協力・連係しあっているからこそ成り立っているのです。

 

シルクには18種類ものアミノ酸がバランスよく含まれています。

ここにも「シルクは肌の万能薬」と言われる由縁があるのです!

 

守る・潤す・活力、シルク美容を活かした基礎化粧品SILKの詳細へ

 

肌に優しいSILK基礎化粧品

初めての方に、基礎化粧品お試しセット

アミノ酸でメイク落とし!クレンジングジェルシルクパウダーで洗顔!素肌ソープ

活肌アミノ酸たっぷり化粧水 素肌ローションセラミド・シルクパウダー配合の保湿液

集中ケア基礎化粧品

野蚕シルクパウダー100%、完全無添加フェイスパウダー乾燥肌・エイジング保湿のクリーム

高濃度・10%高配合ビタミンC誘導体化粧水クレイパック洗顔

腸内から美活力を高める美肌ケア

高品質・高濃度の75オリゴ

 

▲ このページのトップへ