鼻の毛穴の黒ずみ

肌の悩み相談:鼻の毛穴の黒ずみが取れません!

鼻の毛穴の黒ずみ

社会人一年目、まだまだ20代前半なのに洗顔した後でも鼻の毛穴がぷつんぷつんと黒く残って悩んでいます。

ドラックストアなどで色々なクレンジングや洗顔料を買っては試しているのですがぜんぜんダメです。何かよい方法はありませんか?

シルキーズ店長からのアドバイス

まずは洗顔の仕方からもう一度見直してみましょう。

毛穴の黒ずみを取りたいあまり、ごしごしと圧をかけて洗っておられないか確認しましょう。

していないつもりでも、案外力を入れて洗顔しておられる場合が多いですから。
習慣や癖ってなかなか自分では気づかないものです。

目安としてはそっと指を載せた時、指の腹山一点だけがさわっている感じ、指の腹がへこむほど圧をかけての洗顔はダメです。

ふわっとした圧では毛穴の汚れなんかとれそうもない感じがするかもしれませんが、肌を擦らず洗う方が結果的にはプラスに転じます。

肌は毎日生まれ変わっていることはご存じでしょうか?

肌のターンオーバー」といい、肌の一番上にある角質層が毎日新しく生まれ変わっている周期のことで、この新陳代謝のリズムを乱さないこと、規則正しくすることが毛穴の黒ずみを解消へと導くことになります。

ごしごし洗顔は「肌のターンオーバー」の大敵、擦れば擦るほど肌の防衛反応が敏感に働き角質は硬くなり毛穴詰まりとなる、そして角栓が育ち酸化して黒ずみとして残ります。

まずは優しい洗顔方法を身に着けて習慣化しましょう。

具体的なスキンケア対策について。

クレンジングよりも洗顔料を使って対処しましょう。

界面活性剤がたっぷり入った洗浄力の強いクレンジングアイテムはあまりおすすめできません。

できれば洗浄力が優しいものでメイク落としに切り替えましょう。

メイク落とし後の洗顔ですが、ピーリング効果のある洗顔料を使います。

例えば「マナソープ」、低価格のものなら「優しい恋するおしり ヒップケアソープ」でもOKです。

これらのソープで顔全体を洗うのではなく、気になる小鼻の箇所だけを時間をかけて丁寧に洗います。
週に2回ほどです。

あまりヒリヒリするようでしたら中止してください。

まずは角質ケア洗顔で鼻肌のターンオーバーを整えましょう。

そして洗顔後は、ビタミンC入りの化粧水をつけます。

顔全体や気になる毛穴部分は数回重ね付けして補いましょう。
朝と夜の洗顔後です。

最低でもこのスキンケア習慣を続けて様子をみてください。

1日2日で鼻の毛穴の黒ずみがとれる訳ではありませんが、続けてこそ効果ありです。
1.2週間、一ヵ月を目安に。

そしてある程度毛穴が綺麗になりましたら、ピーリング洗顔をやめて、ソフトな角質ケア洗顔で角栓を作らない予防洗顔をしましょう。

ちなみにビタミンC入り化粧水は継続して使いましょう。


ポイントをまとめます

ごしごし洗顔はさけてソフトタッチで小鼻を洗う。

ピーリング洗顔を週に2回ほどしてターンオーバーを整える。

洗顔後はビタミンC入りの化粧水を入念に補う。

毛穴一点を見るのではなく、肌や毛穴(皮脂腺)の代謝を整えること、その為には肌に刺激を与えないスキンケアを心がけましょう。

こちらの「肌のターンオーバーを整えるには」のページをぜひ参考にしてください。

鼻の毛穴が綺麗になって幸せ

鼻の毛穴がキレイになるだけで、あなたは自信と美しさが今まで以上によみがえるはずです。またそうなられることを願っております。

更新日:2020年8月8日
文責:スキンケア化粧品の営業歴29年
シルキーズ代表 新井貴信