更新日:2022年1月8日

シーエルケイ化粧品の製造案内

株式会社コスメサイエンス

製造元:株式会社コスメサイエンス
所在地:東京都北区浮間1-2-27

国際標準化機構(ISO)が定める品質マネジメントシステム「ISO9001:2008」を認証を取得。

人にやさしい化粧品を科学する。

cosmescience co.ltd.

コスメサイエンスは、長年の基礎研究データをベースに、美しさを求める方々への思いやりを込めて、理想型化粧品を追求しています。

科学的アプローチによる肌に良い化粧品の絶対条件として

1、安全性の確保
2、安定性の確保 
3、有効性の確保 
4、機能性の確保

の4つを掲げ、厳しい品質基準のもとでシーエルケイ化粧品は製造しております。

肌自身の美しくなろうとする活力を引き出す “活肌化粧品” をテーマに、シルクの特長を最大限引き出すスキンケア商品を提供していきます。

肌へのいたわる思いやりをこめて、シルク化粧品を科学し続けます。

研究と開発

研究

皮膚生理の恒常性の維持・老化予防というスキンケアに加え、肌が抱えるトラブルの予防というスキンキュアに着目。

最新の皮膚医学を取り入れながらも既成概念にとらわれない発想で、化粧品の新しい可能性を研究開拓し続けています。

シルクにはまだまだ奥深い美容効果が沢山あり、100%スキンケアに役立つ研究をし続けます。 

生産

衛生管理

製造工程では衛生管理はとても重要です。 従業員は皆、作業着に着替えた後、手洗い、ホコリ吸引を徹底。その後、調製室(仕込み室)や充填室に入る前には、シャワーブースで20秒間空気のシャワーを浴びて全てのチリやホコリを取り除いてから工場へ入室します。

充填

独自の管理基準を設定することによって、生産工程における厳しい品質チェックを行い、高品質のシルク化粧品を保っています。

工場内には常にきれいな空気が給気され、外に向かって排気される仕組みになっており、全体にきれいな空気で満たされています。 また充填、仕上げなど作業内容によってエリアゾーニングされ、適切な管理のもとに衛生度が保たれています。
衛生管理は、良い製品づくりの基本と考えています。

管理

品質、安全性の調査

品質管理は、製品の安全性、安定性に深く関わるものだけに、シルクや他の天然成分などの原料から製品の経時変化まで、徹底した品質チェックを実施。

最新機器による試験・検査を、原料のみならずボトルやパッケージなどの資材も含めて、受け入れ時、バルクの調達時、充填後の仕上げ時にそれぞれ行っています。

さらにシーエルケイ化粧品をロット別に3年間にわたり保管し、経時変化による物質値の測定や官能試験も継続的に行います。特に微生物試験を徹底し、製品に細菌類が混入するのを防ぎ、安全性・安定性への信頼度を高める姿勢で臨んでいます。

シーエルケイ化粧品は、製造過程が終わった充填後も3日間放置し、4日目に雑菌の繁殖があるかどうか品質チェックをし、検査合格してから工場出荷となります。

※画像は、㈱コスメサイエンス提供によるもの


文責:スキンケア化粧品の営業歴30年
新井貴信